「愛してる、マーク!」より

10 月 29 日、マーク トゥアンのザ アザー サイド ツアーはシアトルで止まり、彼の最初の訪問となりました。ソロアーティストとして街へ。新しいファンとアーガシーの両方で満たされたマークは、親しみやすいパフォーマンスを披露し、彼のファースト アルバム全体を含むパフォーマンスで聴衆を魅了しました。

夜の始まりは、マークの長年の友人でありミュージシャンの仲間であるウェズリー フェンでした。.カリスマ性とエネルギーにあふれたウェズリー(ウェスとしても知られる)は、群衆に「騒がせて!」と要求した。彼のセットリストに落ち着く前に。彼は 25 分間ステージを指揮し、最終的に大騒ぎをしましたが、最後に聴衆を興奮させて、私が「マーキー」と言うとき、あなたは「トゥアン!」と一緒に応援してもらいました。

フォロー短い休憩の後、マークがステージに上がりました。誇大宣伝を維持しながら、彼は「save me」から「last Breath」、「let u go」、そして「imysm」へと難なく移行し、後者では群衆がすべての言葉に合わせて歌っていました.

その後最初の4曲で、マークはメンターを始め、その間にファンに挨拶する時間を取りました.彼は観客に来てくれたことに感謝することから始め、その後、花、ぬいぐるみ、群衆から叫んだ「愛してる」の感情などの贈り物を受け取りました.恥ずかしがり屋ではなく、マークはふざけてファンと戯れ、大人向けのユーモアのあるサインは「不適切」だと冗談を言った。

その後、マークはショーが彼の The Other Side アルバムを詳しく紹介するものになると紹介しました。彼は、アルバムは元ガールフレンドや恋人によって傷つけられたことを反映したものではないことを共有しました.代わりに、彼が今日の場所にたどり着くまでに経験したすべてのことについてです。ツアーが終わると、マークはツアーが終わってしまうのは悲しいが、ソリストのマークとして、またはGOT7のメンバーであるマークとして、すぐに戻ってくることを望んでいると語った.

一晩中、マークは、アーティストおよびパフォーマーとしての多才さを披露しました。彼は一晩中多くの場面で遊び心があり、面白かっただけでなく、率直で、正直で、率直だったので、参加したすべての人にとって忘れられない経験になりました. 「change up」、「exhausted」、「hard 2 love」などのファンのお気に入りでファンを驚かせたので、これがソロ アーティストとしての彼の最初のツアーだったとは想像しがたいです。

さすが、親密でした

K-Pop News Inside は、イベントの無料チケットを提供してくれた AEG Presents に感謝の意を表します。

イベントのカバー元: raewrotewhat

撮影者: raewrotewhat

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!