グループエンハイフンが18日、ソウルのバン・イドンオリンピック公園SKオリンピックハンドボール競技場で行われたデビュー初のワールドツアー「マニフェスト」(MANIFESTO)で素晴らしいステージを披露している。/写真提供=ビリーフラップ 2022.09.18/写真=イ・ドンフン記者 [email protected]

代替的に4世代アイドル、正確には3.5世代アイドルに分類されるKポップグループは2018年以降デビューしたチームを含む。ちなみに、この世代分類の出発点はソ・テジと子供たちの実質的な影響力が頂点をとり、これをH.O.Tがバトンを受け継いだ1990年代中後半だった。以後、東方神起、ビッグバン、ワンダーガールズ、少女時代、カラ、2NE1に代表される2000年代中後半の第2世代アイドルが新しいKポップ韓流のブームを率いて世代分類も徐々に席をつかんでいった。

第2世代アイドルの大成功はK-POPグローバル化と同時にK-POPサブカルチャー化の開始を知らせるに至る。以後、この大成功の頂点は、まさに2010年代初頭時点でデビューしたEXOと防弾少年団、そして国内で大活躍したSISTAR、MITSAI、AOAなどにつながった。彼らは第2世代を超える2.5世代アイドルに分類されると同時にKポップファンダム規模の爆発的な増加を呼んだ。

これらの活躍に3世代以降に分類されるアイドルの場合、明確になったアイデンティティに存在感を浮き彫りにするためにはるかに難しくなった世界観を装着し、それでも飽和状態だったK-POPシーンは、さらに無垢なレッドオーシャンになり、この時点でデビューしたK-POPグループの目標地点はポストEXOを経てポストBTSとポ​​ストブラックピンクになった。ないか良い歌を探そうとする大衆には「歌も勉強をして聞かなければならないか」と複雑になったコンセプトに疲労感だけさらに増えるだけだった。これに絶妙にボーイズグループよりガールズグループの人気が大衆的にさらに上がるしかなかった地点に帰結していた。ボーイズグループがロングランする最大の理由の1つが1020少女ファン(と30代以上になった当時1020少女ファン)がほとんどのファンダムを占める、まさにこの忠誠度の高いファンダムなのに対し、眼球浄化を呼び起こすビジュアルと非現実的なセクシーさを兼ね備えて多様なエンターテイメントを提供し、男女の野蛮をすべて合わせるのに有利だったガールグループはボーイズグループに比べて大衆性確保が容易な方だった。

3、4世代(正確には3世代と3.5世代)主要ボーイズグループとガールズグループの活躍度を全体的に判断した時、最近まで3世代ではストレイキッズ、NCT、エイティズが、ガールズグループではブラックピンク、レッドベルベット、TWICE程度が世代を代表すると見られる。第4世代の場合、大衆的な認知度で確かに有利な告知を占めたアイブ、ルセラフィム、ニュージンスの3大将活躍構図がはっきりと見られたのに対し、第4世代ボーイズグループの競争はまだこれに当たるほどの対抗馬を思い浮かべることが近づいている。/p>

(ファンダムではなく基準で)それでも目に見えるチームなら「防弾少年団の弟」というタイトルで注目を集めたトゥモローバイトゥゲザーとエンハイフンだった。トゥモローバイトゥゲザーの場合、負担感がはるかに大きかった。防弾少年団の大成功を見守り、その後に従わなければならないという圧迫の重量感は言葉で表現できなかったので、勘案はされるというが、結果的にトゥモローバイトゥゲザーの現在まで成績表は一応残念に残る。ビルボード200チャートの進入やオリコンチャートでの有意な成績も多数あったが、果たしてトゥモローバイトゥゲザーがチーム本来の実力でこの2つをもたらしたかと尋ねると簡単にYESが出ない。メインアルバムチャートであるかミリオンセラーでなければ非常にすごい成果であるには間違いないが、音源チャートでの存在感は事実上全くない。一般大衆の立場で知る曲がないか、ヒット曲が浮かび上がらないというのは、大衆的なグループというイメージとは相変らず距離が遠いという意味でもある。場合も実状は大きく変わらなかった。特に、バン・シヒョク代表が直接現場に出て製作にも直接陣頭指揮をしたほど力を与えてくれたMnet「アイランド」が2%の視聴率さえ撮れずに終映をしたというのは真剣に受け入れなければならない部分だった(初回視聴率が最高視聴率決して大衆が防弾少年団やバン・シヒョク代表が後押ししても、この支援射撃を超える、その主人公だけの実力と魅力を発見できない場合などを回すということを如実に見せてくれた。プロデュース101’投票操作論議問題の余波がしばらくされていない時点だった。同様のフォーマットをローンチし、JYPが出したStray Kidsは成長型アイドルで位置を決めた末、結局ビルボード200チャート1位のタイトルを2回も取り込むことに成功した。これまでのアルバムキャリアが失敗だと断定するわけではないが、事実上失敗に近いと冷静に眺めることもできる理由は、エンハイフンが「汎ハイブ」所属で出発したためであることも大きい。いわゆる大手の所属事務所を背負って成功をしたこと自体だけでも乗れない視線が存在するしかないが、エンハイフンは結局これを相乗効果として活用できなかった。すでに3.5世代のアイドル競争は熾烈になるにつれて熾烈になっており、先に打ち出せる方法を探すことが急務や貪欲ではない。アイブやルセラフィムのようにパッと目立つメンバーの認知度で力を得たか、世代を突き抜ける気が詰まった音楽性のヒット曲で大衆を魅了しなければならないようだ。残念ながら、行く方法は遠くに感じられる。逆に悪く言えば、万年有望株になるかと心配はなる。

ユン・サングン記者 [email protected] Kポップグループは2018年以降デビューしたチームを含む。ちなみに、この世代分類の出発点はソ・太地と子供たちの実質的な影響力が頂点をとり、これをH.O.Tが

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!