=ビリーフラップ「エンハイプン?」

「第4世代アイドル代表ランナー」という修飾語を持つグループがある。 「グローバルグループ」とも呼ばれる。さて、見知らぬ感じがする。視聴者にはまだ「認知度」が高くない。グループエンハイフン(ENHYPEN.庭園、喜勝、ジェイ、ジェイク、ソンフン、サンウ、ニッキー)の残念な活動に対する表現だ。

エンハイフンは2020年に放送されたMnetアイドルリアリティサバイバルプログラム「I-LAND」(以下「アイランド」)を通じてデビューしたグループだ。

エンハイプメンバーは「アイランド」を通じて最終選抜され、2020年11月30日にデビューアルバムを発売した。 CJ ENMとハイブが設立したラベル・ビリーフラップ所属グループとして活動中だ。デビュー後、音楽ファンの関心を受けた。デビューアルバム発売後、2021年ファンミーティング、第2アルバム発売、日本デビューシングル発表などで活動を続けた。

ところで、エンハイフンの活動が2022年にはぬるましい。

まず韓国、日本でのアルバム発売をしたが、成績表は事実上期待以下といえる。

2022年には、1月に最初の正規リパッケージアルバム「DIMENSION:ANSWER」(ディメンション:アンサー)、7月に3番目のミニアルバム「MANIFESTO:DAY 1」(マニフェスト:デイワン)を発売した。 「MANIFESTO:DAY 1」のタイトル曲「Future Perfect(Pass the MIC)」でSBS M・SBS FiL「ザ・ショー」、MBC M「ショー!チャンピオン’、KBS2TV’ミュージックバンク’などで1位を占めた。 SBS「人気歌謡」、MBC「ショー!音楽中心’、Mnet’Mカウントダウン’などで1位には上がらず、オルキルに失敗した。

エンハイフンの2022年は「第4世代代表アイドル」で大きく成功を期待したが、成績表は満足できない。韓国に続き日本でも立証された。去る10月26日日本で発売した初の正規アルバム「サダメ」の販売量は18万3373枚で、2枚目のシングルアルバム「ディメンション:センコウ」の初日販売量24万7697枚より低い数値だ。

何よりもエンハイプンが2022年に大きく逃したことがあるので、視聴者だ。エンハイフンのファンや音楽ファンはエンハイフンを知るが、視聴者には「まあ」だ。 「第4世代アイドル」と呼ばれるグループの中で、エスパ、アイブ、ルセラフィムなどが今年大胆なバラエティ番組に出演し、韓国視聴者に存在感を知らせたことに比べれば、エンハイフンの放送がバラエティ番組は事実上専務だ。去る7月tvN「出張十尾谷2」に出演したが、実はエンハイフンがメインではなかった。防弾少年団を除いたハイブ傘下のラベル所属のアイドルが大挙登場したためだ。 「出張十尾屋2」が人気番組の中で、エンハイフンの出演後の反応は「まあ」だった。セブンティーン、プロミスナイン、トゥモローバイトゥゲザー、ルセラフィムのメンバーたちが断然目立った。

新人アイドルグループに地上波をはじめとする終編、ケーブルチャンネルなどの看板芸能番組は重要だ。アルバム発売時期に合わせてバラエティ番組に出演するかしないかによって大衆性、認知度を見てみることができるからだ。もちろん、一定上問題で出演が不可能なグループもある。しかし、人気芸能ならばいつか一度は必ず出演する。今年大当たり行進を続けているアイブ、ルセラフィムの場合にはメンバーによってバラエティ番組出演を続けている。アイブはアン・ユジン、ルセラフィムはさくらが着実に芸能に出演しながらグループの存在感を視聴者たちに刻印させてくれている。海外活動も重さを置いているが、韓国アイドルの人気基盤のために韓国芸能プログラムの出演も置かず、立地を固めている。エンハイフンの放送活動と言わなければ、メンバーソンフンがKBS 2TV「ミュージックバンク」にMCで出演したのが全部だ。彼は昨年10月8日から去る9月2日まで「ミュージックバンク」MCとして活動した。一緒にMC呼吸を合わせたアイブのチャン・ウォンヨンと違って反応は’まあ’だ。

これとは異なり、エンハイフンはどうだろうか。 「第4世代アイドル」と呼ばれるが、いざメンバーやグループの魅力を見るだけの芸能番組がない。エンハイフンのYouTubeチャンネルに自ら制作コンテンツが着実にアップロードされているが、これに対する大衆の反応は「まあ」だ。自己評価で’人気’が立証されたならば、これと共に芸能出演も続かなければならないが、2022年にはエンハイフンの芸能出演は探しにくい。ないからそうだ。過去、エンハイフンのデビューが行われた「アイランド」の視聴率(ニールセンコリア全国基準)は1%にならなかった。’視聴率不振’というほどだったが、グローバルファンダムが形成されて不幸中幸いにデビューもして、活動も続くことができた。

ここでわかるべき部分は韓国の視聴者には注目されていないということ。デビュー後、2022年エンハイプンは視聴者たちには存在感が大きくない。第4世代以前のアイドルだけでなく、様々なアイドルグループがバラエティを通じて視聴者の目に入っているからだ。目につかないスターが今後人気番組に出てくれば、新鮮だが見知らぬほどチャンネル変更という毒になることもある。

すでに一回「アイランド」を通じて視聴率0%台という「外面」を直接体験したエンハイフン。日本まで進出したが、韓国で最も必要な「大衆性」「認知度」をめぐるエンハイプンだ。いつでも他の「第4世代アイドル」ランナーに遅れる可能性も大きく開かれた。

イ・ギョンホ記者[email protected]

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!