グループネイチャーが「リカリカ」活動を終え、新しいアルバムでカムバックした感想を伝えた。

/image/408/2022/11/06/0000171506_001_20221106200201723.jpg?type=w540″>

最近ネイチャー(ソヒ、オーロラ、新春、チャビン、ハル、ロハ、ユチェ)エンターテインメント社屋でiMBC芸能と会って3番目のミニアルバム「NATURE WORLD:CODE W(ネイチャーワールド:コードダブルユー)」発売記念インタビューを行った。リカリカ)」以来10ヶ月ぶりに新報を披露するネイチャー。タイトル曲は恋に落ちていく過程をギリギリなリンボゲームに飛び込んだ『LIMBO! (越えて)」だ。この他にも初めて「I’m Done(おまけ)」、「You Right(認定)」、「リカ・リカ」、「RAINBOW(レインボー)」まで計5曲が収録された。

10ヶ月ぶりに戻ってきたネイチャーにとって、前作「リカ・リカ」は格別な意味のある歌だ。ネイチャーメンバーたちが「リカリカ」の制作過程を描いた「ネイチャーこのまま処亡できない」という破格的なタイトルのフェイクドキュメンタリーまで製作する超強水を置いた。断然振付だった。アフリカの伝統的なサウリダンスをモチーフに、手の動きなしに両足だけ休みなく動くように足を広げたオムリムチュ振る振り付けだ。これを見てソヒはドキュメンタリーで「人が出られないダンス」と笑い反応を出すことも。ネチズンたちは「見た目のダンス」、「層間騒音復讐ダンス」、「なぜか表情が悲しそうだ」、「さっぱり中毒性ある」など、それぞれの反応を見せた。

リカリカ’でKポップファンに自分たちの存在をしっかり刻印させた。ミュージック、音楽放送の舞台、各種カバーダンス映像などが突風を起こした。新春は「’リカリカ’が予想より上手になった」とし「次の曲はもっと上手にならなければならないと思い出そうとした曲を収納しておいた」と明らかにした。

負担はなかっただろうか。ソヒは「「リカリカ」よりももっと独歩的でありながらも笑わないべきだということを重点として会議した。そうすると「リンボ」という結果が出た」と話した。と表現したネイチャーは「恐れはない」と口をそろえた。 「恥ずかしかった「リカリカ」まで勝ち抜いて大衆にもっと知られていないか。力をもっと得て「リンボ」で私たちをもっと知ることができると思われた。後悔しないほど頑張ってみようという考え」と覚悟を固めた。/p>

切知不審して帰ってきたネイチャーの新報全曲は11月6日午後6時、各種オンライン音源サイトを通じて発売された。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!