10ヶ月ぶりにカムバックしたグループネイチャー(NATURE)が身近な隣の弟のような姿からセクシーさまで様々な魅力で大衆に近づいている。いつのまにかデビュー4周年を超えたネイチャーは大変だった時間を原動力にして階段を踏み上げるように成長するという覚悟だ。

最近ネイチャーは3番目のミニアルバム「NATURE WORLD: CODE W」(ネイチャーワールド:コードダブルユー)発売を控え、ニュースエンと会って新しいアルバムについての様々な話を交わした。

「ネイチャーワールド:コードダブルユー」は去る1月発売したスペシャルアルバム「RICA RICA」(リカリカ)」以後10ヶ月ぶりに披露する新報で、タイトル曲「LIMBO!(越えて)」 (リンボ!)を含めて5曲が収録された。

ユニークな振り付けとコンセプトで「リカリカ」が多くの話題を集め、以後アルバムに負担を感じたと打ち明けたネイチャーは長い悩みの末に前作と相反した魅力が引き立つ「リンボ!タイトル曲に選んだ。

/p>

「越えて」という副題のようにネイチャーは今回の新曲を通じて大衆にチーム名はもちろん各メンバーの魅力まで知らせたいという覚悟だ。亀尾はコンセプトに合わせてメンバーたちのビジュアル的な変化も期待ポイトだ。チェビンは「私はほぼ2、3年ぶりに髪を脱色した。リーフ(ネイチャーファンダム名)が変身した私の髪の色に渡ってくれたらいいな(笑)」と答えた。 「私も前髪を初めて降りた。ヘアスタイルも変わり、ファンの方々は可愛いイメージでご存知でしたが、今回のアルバムを通じてセクシーな姿をお見せしようと努力した」と伝え、ユチェは「いつも末っ子イメージがあったのに、各をつかむセクシーは初めてだと新しい」感じていただきたい」と期待した。

とする「メインダンサーのポジションだが、これまではパフォーマンスを大きく見せる振り付けがなかった。今回はダンスブレーキもあり、全体的なパフォーマンスも素敵だ。踊りに行っていただきたい」と話した。ソヒは「私を思い出すと、可愛くて隣の弟のような感じが大きいと思う。 「リンボ!」を通じて「あんな面にあったね」と思っていただきたい」と話した。新春も前作と新曲の違いから来る相反した魅力を強調した。

オーロラ空白期の間ソヒはtvN STORY、ENAバラエティ番組「シルムの女王」に出演してチーム名を知らせた。カムバックの準備と運動を並行しやすくなかった状況でも、ソヒは絶対あきらめない根性で存在感を表わした。

ソヒは「大変だった。参加者の中で一番綺麗な体型だった。だが、相手をしながら何かを見せなければならないという考えをした。シルムのために体重も5kgを増やした。ロハが私の練習相手になってくれて苦労した」とし「私が思ったよりも結果がよく出て長く生き残った。 「小さな唐辛子が辛い」という教訓を再び感じられるようにしてくれた芸能だった。私自身の限界を試してみる時間だった。ところが「リンボ!」を準備しながら、5kgを再び減らさなければ大変だった(笑)」と出演所感を明らかにした。

Mnet「プロデュース101」シーズン1出身のソヒは、当時も自分の悪役根性を感じたと伝えた。ソヒは「分量があまりないにもかかわらず高い登水まで上がった。眠れない寝て練習して作り上げた結果物だと思う」とし「最近のシルムまで一つをしても大丈夫ではなくうまくやるという考えで臨んだ。そんな気持ちで挑戦し続けている」と話した。 2018年8月にデビューしたネイチャーは今年デビュー4周年を迎えた。疲れずに挑戦できる原動力を聞くと、菜の菜は「今は「リカリカ」の時より恐れはないようだ。 「リカリカ」の時も最初は恥ずかしかったが、一生懸命やったところ、前より多くの方に名前を知らせて力も得た。 「リンボ!」も後悔しないという考えで頑張った」とし「前に全南栄光にスケジュールを行ったが、多くのリーフがそこまで私たちを応援してくれた。こうして応援してくれてありがとうの方々を失望させずに良いことをお返ししなければならないという気がする。リーフたちが一番大きな原動力だ」と答えた。

ネイチャーは去る4年がたとえ大変だったが、今後より良い舞台でファンに報いたいという風だ。過去の活動を振り返ったことにする「大変だったがよく踏んできたようだ。階段のように上がってきた」と話し、ソヒも「限界とは無いことを悟らせてくれたネイチャーの活動だった」と満足した。

ネイチャーは新曲「リンボ!(越えて)」を通じて音源チャートチャートである、年末舞台、ワールドツアーなどを行ってみたいという風だ。二重ローハは「ワールドツアーでアメリカに行ってみたい。個人的にそこに友達がいるが、周辺にネイチャーを知らせている。友達がアメリカツアーは来ていないか尋ね続けた。友達の前で誇らしい友達になりたい」と話した。

新春は「次のコンセプトが期待されるグループになってほしい」と伝え、ソヒは「知ってみると実力派という修飾語を聞きたい。 「リカリカ」の時はパフォーマンスを見せることができる部分が制限的だったが、今回はメインダンサーを含めてメンバーたちが「これまで上手な友達だったな」という確かな修飾語がついてほしい」と期待した。

(写真=n.CHエンターテイメント)

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!