w540″>’2021 グロクラシックフェスタ’フィレオオーケストラ公演姿

地域住民たちが客席に観客として留まらず舞台に主人公として立つ音楽祭が開かれる。

(財)黒文化財団(理事長11日に開幕する「2022グロクラシックフェスタ」は、グロ近くの地域で活動する8つの民間クラシック団体の活動舞台であり、交流の場として設けられる。で続く今回のイベントは、黒文化財団が2016年から地域に基づいて活動するアマチュアおよび専門クラシックアーティストたちと共に始まった市民音楽祭で、今年で7回目を迎えた。

今回のフェスタテーマは秋(Autumn)で計8チームの専門芸術家とアマチュア芸術人たちが集まって作るプログラムで、黒クラシックフェスタのために準備した実力を披露する予定だ。

を開く。 12日にはフィレオーケストラ、黒女子合唱団、ケヤキ合唱団の連合でより豊かな音楽をプレゼントする。 13日と18日から20日まではドリームチャンバーオーケストラ、エスジェイオーケストラ、ベヌストシンフォニーオーケストラ、ソウルフィルハーモニーオーケストラ単独公演が順次進行される。

黒人女性合唱団。黒文化財団の提供

印象的な点は、地域住民が感動と響きのあるクラシック公演を客席から観客だけで鑑賞するのではなく、直接舞台に中心的な存在に上がって自ら音楽を享受するという点だ。参加団体の中で黒女子合唱団は歌を愛する区民で職場と家庭に充実し、「地球村を歌で美しくしよう」という意を集めて2009年10月から集まり始め、毎週1~2回集まって歌う純粋アマチュア公演団体だ。 。 2014年に日本を皮切りに、ロシア、アメリカ、香港、マカオ、カンボジア、ベトナムなどの同胞のための海外公演も10回以上した。病院や刑務所などに慰問公演もしている。 2019年には創団10周年公演を行った。合唱団の定期公演や地域のこどもの日の行事、九老に合う合唱祭、病院の歓友のための分かち合い公演など、黒区と黒文化財団主催の各種行事などに、いかなる10年間余り分けや歌が必要な場所ならいつでも走ってきて美しいハーモニーをプレゼントしてきました。合唱団の名前「ケヤキ」は、黒を象徴するフレーズでもあります。

.jpg?type=w540″>ケヤキ合唱団。九老文化財団の提供

フィレオ(Phileo)オーケストラは、2009年4月5日創立した専門演奏者と非専門演奏者が一緒にいる黒地域に基づいた市民オーケストラだ。 「友情」という意味を持つ「フィレオ」をオーケストラ名で定め、演奏を通じて観客に感動に近づく情熱と優れた音楽的技量を備えた団員が合流し、ヤン・ジェヨン指揮者指導の下、すべての団員が絶え間ない努力と効率的なトレーニングで毎年跳躍している。毎年定期演奏会のほか、平均4回以上の無料演奏会を着実に開催し、ソウル市オーケストラ芸術祭、世宗文化会館オーケストラコンテスト、黒クラシックフェスタなど韓国を代表するオーケストラフェスティバルに参加し、音楽でコミュニケーションして周辺に活気を吹き込み今活動している。これら3つの団体は、黒地域を基盤に活動してきたし、黒古クラシックフェスタが初めて開かれた2016年から共にしてきた団体という共通点を持っている。は2021年からクラシックフェスタに一緒にいた。ザ・リムアンサンブル、ドリームチャンバーオーケストラ、エス・ジェイオーケストラは参加チーム公募を通じて今年新たに音楽祭に参加することになった団体である。様々な芸術団体と豊かで完成度の高い公演を追求し、地域民の多くの関心を受けて成長を続けている。成長し、新しくて緊密なネットワーク形成している」とし「地域民に黒区近くの民間クラシック団体広報効果及び文化芸術活動参加構造形成を成している」と説明した。黒文化財団チョン・ヨンボ代表理事は「長年にわたりクラシックフェスタを共にしてくれた民間クラシック団体の努力に感謝し、今後もクラシックフェスタの持続的な開催のために黒文化財団も最善を尽くす」と明らかにした。公演は小学生(満7歳)以上観覧、全席5,000ウォンで黒文化財団ホームページを通じて前売りが可能だ。今回の公演のチケット収益金全額は地域の疎外された隣人のために寄付される。

.jpg?type=w540″>黒文化財団提供

ソン・ボンソク記者 [email protected]

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!