シングル「ギルサンファ」ムービー。ユニコンビセブン

ハ・ドングンが仕事を出した。デジタルシングル「ギルサンファ」が発売一日だけの6日、「トロットチャート」で堂々と1位に登場した。上、メロン38位を記録した。特にトロットチャートの場合、イム・ヨンウン、ヨンタク、イ・チャンウォン、キム・ホジュンなどテレビ朝鮮「明日はミスタートロット」出身歌手たちが「コンクリート」のように占領しているのはもちろん、ナフナ、ジンソン、チャン・ユンジョン、ホン・ジニョンなどのヒット曲が「長期占領」していて、新人歌手の曲がチャート上位圏に進入するのはとても異例のことだ。 1位は予想できなかったが、とても感謝している。秋に似合うバラード曲であるうえ、本格バラードは今回が初めてだからハ・ドングンの新しい魅力に多くの方が共感してくれたようだ。 「ギルサンファ」のミュージックビデオに直接出演した後も、一生懸命広報に励んでくれた「私はソロ」8期オクスン様にもまた感謝する」と明らかにした。

.pstatic.net/image/144/2022/11/07/0000847406_002_20221107073801559.jpg?type=w540″>バックミュージック、メロン、ジニーミュージックチャート(左から)ペクソクと’ギルサンサ’という美しい寺を建てた寄生ジャヤ(法名ギルサンファ)の’ミワン’で終わった愛物語をモチーフにしたバラード曲だ。 「スター作曲家」のファン・チャンヒが設立した「チャンスライン」作曲家チームが作詞、作曲に参加し、キム・ジョングクの「一人の男」からクラッシュの「ビューティフル」(ドラマ「トッケビ」OST)などを作曲した「高級バラードメーカー」 「ファン・チャンヒ代表が直接プロデュースして曲のクオリティを高めた。」ミュージックビデオを通じてハ・ドングンと恋人呼吸を合わせたというニュースが知られ、2030世代にも大きな話題を集めた。また、最近視聴率5.3%を記録したJTBC「ヒドンシンガー7」領卓側にハ・ドングンが母昌の能力者として出演したことで、さらにシナジーが出ている。

英卓側に出演しながらあまりにも多くの応援を受けたが、音源順位でも良い成績を収めることになって夢だけのようだ。切実な心で録音した「ギルサンファ」が長くなるように多くの方に慰めと共感を差し上げることができればいい。チャンスになればいつかライブ舞台でも聞かせたい」と明らかにした。インパクトのある歌唱力と優れた口談を披露して話題を集めた。 YouTubeチャンネル「トロップ兄弟ハ・ドングン」(加入者3万6千人)を通じてファンと積極的にコミュニケーションをとっている。歌手ハ・ドングンがデビュー3年ぶりにトロットランキングで初のトップに上がった。ハ・ドングンが去る5日に発表した4番目のデジタルシングル「ギルサンファ」が発売一日だけの6日「トロットチャート」で堂々と1位になった。 「道

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!