/写真=n.CHエンターテイメントガールズグループネイチャー(菜の花春オーロラロハハルルチェビンソヒ)が10ヶ月ぶりに帰ってきた。 CODE W’が発売された。今回のアルバムは去る1月発売したスペシャルアルバム「RICA RICA」(リカリカ)以後10ヶ月ぶりに披露するシンより。ネイチャーメンバーたちはアルバム発売を控えてスターニュースと会って様々な話を伝えた。 「越えて」は恋に落ちる過程をギリギリなリンボゲームで表現した曲だ。時には果敢に自分の感情を表わすと思う率直で堂々とした姿を’グミホ’というキーワードに盛り込んで気になることを高める。

という「ユニークなトランスジャンルのダンス曲」と紹介した。また、一日は「初めて聞いたときに「リカリカ」のように中毒性が強いという感じがした。練習しようとデモを間違えようとするのに聞く前から歌詞が浮かび上がった。追いかけたりしやすいので、多くの方が一緒に歌ってほしい」と伝えた。 p>

ソヒも「最初にデモを聞いて寝る前にずっと思い出した」「あ、これだ」という気がした。 「と自信を表わした。続いて「今回のコンセプトが欧米号だ。新春は「リンボと亀尾湖ともに渡るという共通点があってつながったようだ」と付け加えた。

11/07/0003102160_002_20221107074401487.jpg?type=w540″>/写真=n.CHエンターテイメント昨年1月のスペシャルシングル「リカリカ」を発売したネイチャーは久しぶりに会った。ソヒは「空白期中にコロナ19が大丈夫になり、軍部隊の行事をはじめ様々な行事に通った。ファンの方々に会えてよかった。リンボは2ヶ月ほどを準備した」と近況を紹介した。

「7師団で軍部隊の行事に行った。軍部隊に行くと「リカリカ」がメインだ。「次の曲はリカリカです」と言えば大騒ぎがある。出てきた。マネージャーをはじめ、みんな慌てたが、舞台を楽しんだ」とエピソードを伝えた。

一日も「リカリカ」をしたときに心配になる部分もあった。面白いのにたくさんの方がどう見てくれるか気になった。が気に入った」と伝えた。

このように久しぶりにファンたちと出会ったネイチャーは来る26日対面ファンミーティングも控えている。新春は「90分ほど公演をすることが分かっているのに見せなかった舞台を見せる予定だ。リカの活動当時、コートジボワールのジャウリダンスをモチーフにした強烈な振り付けを披露した。今回の「リンボ」も個性あふれる振付がたくさんある。振り返って履いて見える振り付けもあり、体育時間にたくさんしたリンボのようにメンバーたちがリンボを作って進む場面がある」と振り付けを紹介した。多い。新春は「髪を回すときに足がとても忙しい。最初はやさしく見えたが、メンバーごとにやり方も違って、それを合わせるのが大変だった。「リカリカ」で上位に行く感じだ」と伝えた。

また「ミュージックビデオでは出てこないが、舞台では後ろに進んで再び上がる」と説明した。ローハは、その動作を説明し、「団体に移ったが団体に移る振り付けなのに私の後ろにチェビン姉がいる。上がるときに顔が反対になった状態で目が合う。ソヒは「今回の振り付けに目を合わせる部分が多すぎる。腰をつかんで起きる振り付けの表情がみなみられる。 「する」と付け加えた。.CHエンターテインメントのように激しい振り付けのせいにする橋にギブスをしたままインタビューに参加したりもした。ローハは「(10月)31日にギブスを解くことになっている。解放した後、大変に練習しなければならないようだ」と肯定的な姿を見せた。チェビンは「以前に腰を痛めたことがあるのに練習をしてみると後遺症が来た。今回のコンセプトに最もよく似合うメンバーとしてはロハが選ばれた。新春は「ミュージックビデオにも出てくるのにキリングパートをよく握ったようだ。メインダンサーなのにこれまで激しい振り付けを見せることは多くなかった。今回よく見せたようだ」と理由を明らかにした。

ロハも「今回ダンスブレイクをしながら幸せだった。 「と伝えた。続いて「セクシーなら新春お姉さんじゃないかと思う。人が格別なそれがある。私が年齢を食べてもいけないつもりだった」と答えた。

実は「リカリカ」振り付けを経験したので、世の中にどんな振り付けが来ても上手く出来る境地に上がった。 「それが正しい。リカリカをしながらアップグレードされた部分が多く、世の中に怖いことはない」と自信を表わした。

/写真=n.ネイチャーは去る’リカリカ’活動当時カムバック準備過程をモキュメンタリー形式で盛り込んだWebコンテンツ’ネイチャーこのまま処亡できない’と注目された。やや破格的なタイトルは注目を浴びたが、それだけ心配の声もあった。をする大衆歌手としてやりたい音楽をすることも重要だが、私たちを知らせることも重要だ。 。

この他にもインターネットの反応を探しているというネイチャー。ソヒは「’リカリカ’の時は反応を見て時間が行くとは知らなかった。コメントも面白かった」と伝えた。

もちろん、インターネットには良い反応しかありません。アクプルも目に入ってくるが、ソヒは「初めは気分が悪いが、「なに、どうしたの?」と言っている。

モキュメンタリー制作など「リカリカ」当時活発に参加していたのとは異なり、今回のアルバムにはメンバーが多く参加しなかった。新春は「両方とも長所と短所があるようだ。私たちが参加すれば結果に私たちの責任もあるから責任感も感じる。逆に会社がさせれば気にする部分がないのに調整すべき部分が生じたときに解決するのが難しいようだ」と伝えた。

会社とコミュニケーションすべき問題が生じたとき、主に銃隊を負うメンバーは「姉妹ライン」のソ・ヒと新春。ソヒは「空白期が長くなったりする時、会社に「早くカムバックしてほしいです。私は明日も三十です。メンバーたちが疲れています」と言う」と口を震わせた。この無産化された場合があり、話すのか悩むこともあったが、録音したがメンバーたちの色を入れるのに物足りなさがあるとき、私とソヒ姉が「これは「リカリカ」以後発売するには合わないようだ」と話した。 「と言った。ソヒは「私たちの話が通じるかと思ったが、代表が聞いてくれた。その部分では本当に感謝している」と付け加えた。

/写真=n.CHエンターテイン湾に帰ってきたネイチャーが今回のアルバムで成し遂げたい目標は途方もない。ユチェは「ファンに出てくれてありがとうという話を先に聞きたい。実は、私たちがありがとうと言わなければならない。むしろファンの方が私たちを長く待ってくれたからだ」と話した。

ロハも「今回アルバムを通じてどうしてもチャート進入や「リカリカ」より少しでもいいのでホットな反応を得たい。個人的にはメンバーたちと年末会食を巨大にしたい。会社同士だけ会食をしてみたい。会社はカードだけをいただくか後で来てから決済だけしていただければと思います」と話して笑いを抱いた。

オーロラは「リカリカ」活動当時、ドラッグストアやファーストフード店で聞いた。? と聞いてみましたが、今回は「ネイチャーオーロラですか?」という質問を聞いてほしい」と話した。菜の花は「「リカリカ」ほど楽しいダンスもあり、歌も面白いのでたくさん聴いてください」と話した。ローハは「空白期が長くなってメンバーたちが不安になった。今回も短い空白期ではなかった。確かに毒気を抱いた。一生懸命準備したのできれいに見てほしい」と話した。チェビンは「残りの2022年はネイチャーの「リンボ」と一緒にやってほしい」と伝えた。多くの方が好きになっていただき、従ってくださって広報もしていただきたいと思います。新春は「良い曲は忘れられないのに今回のアルバムでファンの方々、大衆に忘れていないことを願っています。一生懸命やるから多くの関心と愛をお願いし、ネイチャーに渡ってください」と伝えた。

オーロラ」私たちはますます上手になるので、きれいに見てください」と話し、一日は「長い間待ってくれたファンの方々に感謝し、今よく見ることができればいい」と話した。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!