.4’公演を盛況裏に終え、観客の愛に報いた。所属事務所の提供

シンガーソングライターのクァク・ジンアンが観客の感性を記録した。として終わったと7日明らかにした。舞台と客席の距離を狭め、息吹まで交感するというコンセプトだ。彼は「Opシリーズを始める時は暖かい春だったが、いつの日か寒くなった」とし「今回のOp.4公演は秋、冬季にふさわしい曲を選んだ」と話した。’私たちの間に’と未発表曲’ある夜に’を歌って観客の呼応を導いた彼は直接書いた手紙が書かれているブックマークをプレゼントしてファン愛に報いた。

は「一緒に歩く道」「君が聞いてくれれば」を歌って舞台を甘くした。去る4月発売したEPアルバムタイトル曲「君の曲」ピアノバージョンと「秘密」「もっと素敵な」など3曲を相次いで歌った。舞台をプレゼントした。この日の公演にはクライネット、ベースパク・ジフン、ピアノチョン・ジニ、ギターカン・ゴンフが力を見せた。 「いくつかのモロギフトを受け取るようです。常に席を満たしてくださる皆さんのために生きていくようだ」と述べた。イ・ソンミョン記者[email protected]ng.com

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!