?type=w540″>
グループ防弾少年団の長兄ジンさんが国内放送家に続きグローバルチャートまで占領して活躍を続けている。活動に専念中だ。去る4日、兵務庁に入営演技キャンセルを提出して軍入隊の意思を明らかにした彼は入営通知書を待っている間、音楽活動から放送活動まで多様な活躍を繰り広げている。 「ランニングマン」に出演した。 6年前「ランニングマン」300回特集に完全体で出演した後、単独で再び「ランニングマン」を訪れた彼は卓越した芸能感でテレビ劇場を魅了した。ジン氏は「数年前から『ランニングマン』に出演したかったのにチャンスがなかった」とし「出演料だけ合わせれば固定出演もできる」と格別な満足感を表わした。

レースで飾られたこの日の放送は、本名が「ソクジン」であるコメディアンチ・ソクジン氏と防弾少年団ジン氏が各チーム長に激突して興味をかもした。キム・ジョングクさん、ヤン・セチャンさん、チョン・ソミンさんと共にしたチームになったジン氏は、チ・ソクジンチームに対して3つのミッションを行い、大きな笑いをプレゼントし、週末話題性をひきつけた。

コリアによるとこの日放送された「ランニングマン」は全国世帯基準視聴率4.8%を記録した。これは去る10月23日放送分3.3%に比べ1.5%P上昇した数値だ。またチャ・ジュンファン氏が出演した去る3月13日放送分視聴率5.4%以降最も高い記録だ。’最高の1分’は’紙人形’になったジンさんの姿が大きな笑いをプレゼントして占め、このシーンは毎分最高視聴率6.5%を達成し、’ジン効果’を実感させた。

様々なYouTubeの芸能度。先月にはラッパーイ・ヨンジ氏が進行する’チャリンゴンはないが’に出演してイ・ヨンジ氏と’酒房’を広げ、2週間でなんと1367万ビューのヒット数を達成する底力を見せた。それだけでなく、7日コミックパク・ミョンス氏のYouTubeコンテンツ「割名数」にも出演する。果たしてジン氏がパク・ミョンス氏とどんなケミストリーを醸し出すのにも期待が集まっている。世界最大の音楽ストリーミングメーカースポーティファイが発表した最新チャート(11月3日者)によると、ジン氏の初のソロシングル「The Astronaut」は1,790万回以上のストリーミング記録で「ウィークリートップソンググローバル」チャート32位に上がった。

写真=SBS’ランニングマン’、チャリンゴンホンもないが、パク・ミョンス氏SNS、ビッグヒットミュージック]

* YTN starでは芸能人および芸能界従事者たちに関連する情報提供を受けます。
[email protected]でお気軽にご連絡ください。ありがとうございます。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!