type=w540″>

[OSEN=ジミンギョン記者]歌手蝶がWSGワナビー活動感想を伝えた。インタビューで新曲についての話を伝えた。特にSOLE(ソル)、クォン・ジンア、オム・ジユンと一緒に4FIRE(サファイア)を結成した蝶は、「見たかった」と相変わらずパワーボーカリストの面貌をはじめとする音源パワーを誇示し、第2の全盛期を迎えた。蝶は今年一年を振り返り、「本当の今年が精神なく流れた。春にリメイク曲を出してラジオディジェイもして子育てもしながら忙しく過ごした。 4月にWSGワナビーオーディション連絡を受け、その時から準備をして走り続けた。精神なく通り過ぎた。幸運にも、そのチームに会って、より多くの方々に私を知らせ、より活動の翼をすることができるようになってくれてありがとう。私に戻ってきた春のような一年でした。私が生まれ変わった、祝福する2022年だった」と回想した。周辺で応援もたくさんしてくれて、在席兄さんもとても上手にやってくれて。最初に行った時だけでも私だけ子供のお母さんなので私がここに来てもいいけれどこのような考えも正​​直にあった。それでもガールズグループなのにしたかった」と明らかにした。

続いて「しかし、あまりにもみんな姉が最高だ、素敵だと話してくれて自信を持ってできた。とても嬉しくて幸せでした。数年前には歌わなかった時代もありましたが、今は歌うのがとても幸せで、人々に会うのも幸せでいいです。来年はトークコンサートしたくて計画中にいる。歌だけのコンサートはこれまでたくさんしたが、今回は一緒に話を交わしながら慰めもしてくれ、歌も歌ってくれて少しオウンヨン先生のような感じで行きたい。ロールモデルだ」と笑って言った。彼らが完全に多くを見てくださって’遊んだら何してる’を通じて若い方々が私を調べてくれるのが不思議で感謝する。新しい変化のようだ」と感謝を表した。もたくさんなってくれてよかった。これまで私の歌は高音も多くて難しかったが、パートを分けてみると休む時間もあって余裕もあり、そんなことは良かった」とし「常に私たちは連絡をよくする。お互いに応援していてみんな本当にうまくいってほしい。みんな一生懸命やって苦労していた友達たちで、新しくする活動はすべてうまくいってほしい」と愛情を表わした。授賞式に招待をしていただきたい。そうすれば、私たちが一生懸命準備して良い思い出も作ってお見せできるのではないかと思う」という風を伝えた。/[email protected]

[写真]アルアンドディカンパニー

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!