>歌手ヨン・ジュンヒョンが10日午後オンラインで行われた新しいEP「ロナー」発売記念オンライン記者懇談会に参加してポーズを取っている。新しいアルバムタイトル曲はヨンジュンヒョンが作詞、作曲した「層間騒音」だ。様々なジャンルが調和して混ざった曲だ。アルバムには「層間騒音」をはじめ、「むしろ私が嫌いだそう」、「LONELY」(ロンリー)、「PRAHA」(プラハ)、「GET OVER YOU」(ゲットオーバー有)、「PIECES」(フィシス)などヨン・ジュンヒョンの自作曲6曲が収録された。/写真提供=ブラックメイド/写真=キム・チャンヒョン記者[email protected]グループハイライト出身歌手ヨン・ジュンヒョンが4年ぶりに復帰した。歌手チョン・ジュニョンの違法撮影物を視聴したという議論以後初めてのカムバックだ。彼はこの日午後6時、新報を発売して再び歌謡界活動に出る。チョン・ジュニョンはグループビッグバン元メンバーの勝利などが属するダントクバンで違法撮影された性関係映像を数回流布した疑いを受けて、この過程でヨン・ジュンヒョンの関与の可能性が提起されたが否定した。

しかし以後ヨン・ジュンヒョンがチョン・ジュニョンと個人チャットルームを通じて違法撮影物を共有された事実が明らかになり、激しいジタンを受けた。これに対してヨン・ジュンヒョンは当時「(違法に撮影された)動画を受けたことがあり、それと関連して不適切な対話もした。このすべての行動があまりにも不道徳な行動だった」と謝罪した。ジュンヒョンはグループハイライトを不名誉脱退し、すべての活動を中断した。以後軍に入隊、昨年2月除隊したが世論は依然として冷胆な状況だ。これは今後の円滑な活動のために自分の足首をつかんだ事件を「一回ごろ」は公式に言及し、越えようとする意味で解釈される。そして「しかし、当時の会話で間違った部分があったことを知らず、正解できなかったことを悔している。これから良いことだけで挨拶する」と明らかにした。 。ヨン・ジュンヒョンは「先日出てきたハイライトのアルバムをよく聞いた。いつも応援している」と伝えた。と言った。自分に対する批判と鋭い視線を十分に認識しているヨンジュンヒョン。果たして今回のカムバック戦が成功的に行われうるか目に見えることだ。

キムノを記者 [email protected] 。歌手チョン・ジュニョンの違法撮影物を視聴したという議論以後初めてのカムバックだ。 10日午後、ヨンジュンヒョンの新しいEPローナー発売記念オンライン記者懇談会が行われた。彼はこの日

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!