記事の内容

チョン・ジュニョンのスキャンダルに巻き込まれ、ハイライトを脱退
4年ぶりに新しいアルバム「ローナー」が発売…独立ラベルを設立

[ソウル=ニューシス]ヨン・ジュンヒョン。 2022.11.10. (写真=ブラックメイド提供)歌詞には恋愛の末に残る後遺症を層間騒音に例えた内容が盛り込まれた。この曲をはじめ「むしろ私が嫌いだそう」、「ロンリー(LONELY)」などアルバムに載せられた6曲すべてヨンジュンヒョンが作詞・作曲だけでなくプロデュースまで引き受けた。ヒップホップ、R&B、ポップなど様々なジャンルを載せた。以前のように作業期間を別に定めておらず、長い間作業をしたというヨン・ジュンヒョンは「マスタリングを再び裏返したトラックもあった」とした。

ヨン・ジュンヒョンは2009年6人グループ「ビースト」でデビューした。 2016年にチャン・ヒョンスンが脱退し、ビーストは5人に再編した。その後メンバーたちは自分たちを発掘した所属事務所キューブエンターテイメントから出て独立レーベルアラウンドアースを選んでチーム名もハイライトに変更した。ソロ正規アルバム「グッドバイ(GOODBYE) 20’s」をはじめ、「あなたなしで生きるのも」、「フラワー(FLOWER)」、「この歌が終わったら」、「ワンダーイフ(WONDER IF)」、「シャワー」などを発売して、色をはっきりさせた。最近イメージ的に明らかに打撃を受けたが、音楽的欲を出して再起に対する意志も固まった。

ヨン・ジュンヒョンは、「ロナー」はまだ私がさらに発展しなければならないという教訓を得た貴重なアルバムです。チョン・ジュニョンスキャンダルに絡み合ってハイライト脱退4年ぶりに新しいアルバムロナー発売…独立レーベル設立[ソウル=ニューシス]イ・ジェフン記者=元(チョン・ジュニョンに関連)どんなダントクバンにも属していませんでした。当時の会話に間違って

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!