mimgnews/image/001/2022/11/11/AKR20221110160100005_01_i_P4_202211111060112893.jpg?type=w540″>蝶、シングル「春星花」発売
再販とDB禁止]

(ソウル=ヨンハップニュース)Jan Jong-hoon記者=”難しい人たちを癒してくれる人になりたいです。

歌手の蝶は11日、ソウル麻浦区で開かれたシングル「春星花」発売を記念して記者たちと会った席でこのように話して笑いを放った。

‘のような別れの歌で名前を知らせたが、今回は大変で疎外された人々のための希望を持ってファンを見つけた。の曲でメロマンスのチョン・ドンファンが作曲に力を注いだ。

蝶は「子供を育てながら幸せだから別れの歌詞が出てこなかった」とし、「だから今回は少し明るい雰囲気を歌いたかった」と話した。の態度が完全に変わりました。子どもたちへの関心もたくさんありました。疲れ/一日がどのように通り過ぎるか/完全に私の時間を取ったのがいつか’という歌詞では子育てが力にぶつかった蝶の姿も垣間見ることができる。

貴重な存在だが、あきらめなければならないことも多く、犠牲にして捨てなければならないことも多かった」とし、「女性として自尊心が落ちる時もあった」と打ち明けた。彼は今年MBCの「遊んだら何ですか?」のプロジェクトガールグループ「WSGワーナービー」に出演して話題になったりもした。

蝶が参加した’見たかった」はメロン「トップ100」チャート2位を記録するなど大きな人気を集めた。

蝶は放送出演以来、近所でベビーカーを引っ張って散歩をする時やキッズカフェに行ったら同じ母親がたくさん調べてくれると笑った。

I Luv U)でデビューした蝶は、切ない声で別れに続く感情を歌いながらファンに愛された。”私は最近、あまりにも胸が痛い話が多かった。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!