チョ・ソンジョン記者]

蝶は最近ソウル麻浦一カフェでスポーツ朝鮮と会って「’ミストロ2’当時イム・ヨンウンが励ましてくれた」とし「ユ・ジェソク、ジコとコラボしてみたい」とした。

2008年シングル「アイラブユー」で歌謡界にデビューした蝶はデビュー15年目を迎えた。彼はこれまでの時間を振り返り、ターニングポイントになった当時を「ミストロ2」と「遊んだら何するの?」に出た瞬間を挙げた。

2020年TV CHOSUN「ミストロット2」が放送された当時、バラード女帝蝶がトロット競演番組に出て話題を集めた。何より妊娠中に競演番組に出演して注目を集めた海。

蝶は「その時も多くの悩みをしましたが、製作陣の交渉がいたずらではなかった。3ヶ月を苦労した。私がトロットをした人でもなく、貪欲に食べるようで自分がいなかった。その時音楽的にも悩みが多い時であり、コロナ19が真っ最中の時期だった。 お腹の中の子供もいたし、悩んで「子供と一緒に新しい挑戦をして思い出も作ったらどうか」という気持ちで出た」と話した。

この挑戦に力を与えた人はイム・ヨンウンだった。 「あの時ありがとうございました人がイム・ヨンウンさんだ。私の息子は弟の親しい知人だった。そう通話をするようになって、トロットについて聞いた。高励ましてくれた」という蝶は「その後も会えばお互いに応援してくれ、連絡をたまにしている」と告白した。

これに力を得たという蝶は「プロのトロット歌手ではなかったが、コンテスト中にこなすために努力した時間が今考えてみると上手にやったようだ。お腹の中に子供もいたが、頑張ってみようとしていたその時それがターニングポイントだったようだ。

ジコも一緒にしたいアーティストだと。蝶は「ジコさんとても好きだ。ラップされる方とフィーチャリング作業をたくさんしたが、久しぶりにラップする方と音楽作業すればいいようだ」とし「ジコさんも本名が私と同じように守る。蝶の新しいシングル「春星花」は11日午後6時、各種オンライン音源サイトを通じて公開される。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!