存在Apink、お互いがお互いの記録”/写真=ISTエンターテインメント提供
歌手チョン・ウンジが11年間一緒に活動してきたグループAピンクに対する愛情を表わした。記念マスコミインタビューを進めた。チョン・ウンジの初のリメイクアルバムだけに、曲の選別過程から作業全般に積極的に参加して期待を集める。タイトル曲「私に出発する旅」をはじめ、「白ひげクジラ」、「夢」、「愛のために」、「三十頃に」まで世代を超越して大きな愛を受けている名曲だけを厳選した。 >

エイピンクメンバーに曲を聞いてくれたかという質問にチョン・ウンジは「聞こえなかった。 「と答えた。

続いて「それよりもメンバーたちが「お姉さん、アルバムができるのですか?」と言った。これが子供たちのリアクションだった」とした。’酒飲みの女性’、’ブラインド’など演技活動に’第2世界’バラエティまで忙しい日程の中でアルバムを準備しなければならなかったチョン・ウンジを心配したこと。

チョン・ウンジ生きなければならない’としながらビタミン一箱を送った。マネージャーを通して送ってさらに感動した”と伝えた。今年メンバーソン・ナウンが脱退して一回変化を経験したが、それまで完全体で「アイドル村の7年」を一緒にめくって粘り強いチームワークを誇​​った海。チョン・ウンジはエイピンクとソロ活動をバランス感よく守っているメンバーだ。まっすぐになった性格に格別な責任感で二匹のウサギをすべて握っている。

続いて「あの人を置いて、特に意味を考えなくても私の目の前にいるようで、聞こえるようだ。いかなるものにも意味を置かなくてもよい、ずっと見る人々である感じ」と明らかにした。 「という言葉がトゥクトゥク出てきた。お互いがお互いの記録なのだ。その日の日差しも本当に良くて記憶に残る」と付け加えた。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!