/0000848570_001_202211110183901266.png?type=w540″>歌手チェ・ベクホ。 CJ ENM提供

チェ・ベクホがオッフェンミュージック作曲家たちとコラボレーションして企画アルバム「刹那」を発売する。 「ロマン家客」チェ・ベクホが2021年12月に発売した「世界を見る」に続き、新しくリリースされるアルバムだ。チェ・ベクホの先輩後輩歌手・作曲家たちが力を合わせて制作したチェ・ベクホ企画アルバムでチョン・ミジョ、タイガーJK、ジコ、ジョージ、コールド、チョン・スンファンがアルバムに一緒に参加した。は青春の瞬間から老年の今に至るまで各自が抱いている人生に対する悩みと省察を分かち合うというメッセージを盛り込む。イントロナレーション「刹那の瞬間」とともに、「刹那」、「上塗り」、「開花」、「変化」、「その人」、「私を離れるもの」、「本」が収録される。チェ・ベクホは「一痕を少しめくって作ったこのアルバムに七つの曲と一つの話を込めて見た」と伝えた。収録曲作曲や作詞に参加して注目を集める。チェ・ベクホが2018年から大メントとして参加しているオッフェンミュージックは、CJ ENMが新人作曲家を育成・発掘するために進めているプロジェクトだ。オッフェンミュージックは毎年新人作曲家たちを選抜して ▲創作支援金 ▲スター作曲家/プロデューサーメンタリング ▲作曲、ミキシング、制作関連音楽産業特講 ▲ソンキャンプ ▲著作権教育 ▲音源制作などを支援している。

オッペンミュージックロゴ。

は様々なスペクトルの音楽及び映像制作をメインとしたコンテンツクリエイターグループで、今年7月にCJ ENMと業務協約(MOU)を締結し、両社の専門能力を活用して新人作家の育成及び多様なプロジェクト企画・開発を共同推進中だ。アルバム「刹那」のプロデュースは、Open Music 1機のHenが引き受けた。ヘンはtvN <彼氏>、<本村チャチャチャ>、JTBC <メロガ体質>、<私の解放日誌>などOSTとチョン・スンファンの’そんな人’、パク・ジユンの’Moon’作詞および作曲に参加して優れたプロデュース能力を発揮してきたことがある。また、グループアストロ、会津園、宇宙少女、ジェシーなど人気アイドルアルバムに多数参加して活発な活動を繰り広げているピアンピ所属のSam Carter、Nomasgood、Blood Circle、パク・テジンが共に参加してさらに期待を集める。

チェ・ベクホ「チャルナ」アルバムカバーCJ ENMの提供。・作曲・実演した。”酒飲み都市女性たち”乗り継ぎ恋愛2’OST作詞/作曲/編曲とKep1er’LE VOYA9E’,’Downtown’, 会津ワン’Panorama’, ソン・スウ’Love Me or Hate me’アルバムなどに参加して活躍している。

ナムグンジョンCJ ENMオッフェン事業局長は「今回のアルバムはオッフェンと長い縁を結んできたチェ・ベクホとオッフェンとピアンピー所属作曲家たちが会ってコラボレーションしたという点で意味のあるプロジェクト」とし「オッフェンミュージックは様々なミュージシャンたちとコラボレーションを続けており、K-コンテンツのOST制作にも活発に参加、毎年100曲以上の音源を発売している。今後もオッフェンミュージック作曲家たちの活躍に多くの期待をお願いする」と伝えた。/p>

カン・ジュイル記者 [email protected]

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!