/2022111101951323455407_20221110195238_01_20221111070101401.jpg?type=w540″>蝶/写真=アル・アンド・カンパニー
蝶が新しいシングル「春星花」 「春星花」発売記念ラウンドインタビューを進行した。’など多数のヒット曲として愛され、最近テレビ朝鮮’ミストロ2’コンテスト参加とMBC’遊ぶと何する’のWSGワナビープロジェクト、ラジオDJと夫婦バラエティ出演まで並行して様々な歩みを見せている。

今回、慰めのメッセージを盛り込んだ新しいシングル「春星花」に戻ってきた蝶は、「以前はバラードや別れの歌をたくさんした。した。続いて「メロディや歌詞もそういうのが表現がたくさんなったようだ」とし「最近多く疲れて苦労した方々がこの歌を聞いて慰めを受けてほしいという考えで曲を書いた。私も慰めをたくさん受けた」と明らかにした。

MSGワーナービー活動当時、マムカフェのアイコンに上がるほど、母親の支持を一身に受けたナビラその心情にもっと共感した。彼は「今回の新曲はみんなに伝えたい言葉だった」とし、「母親で例を挙げれば、育てて生かすために犠牲にする時間が多いでしょうか。貴重で大切で、暖かい春で、咲き誇る花という意味」と応援の言葉を伝えた。蝶も子供を産んでステージにまた立つことができるか悩みが多かったとも付け加えた。

/202211101951323455407_20221110195356_01_20221111070101412.jpg?type=w540″>蝶/写真=アル・アンド・ディ・カンパニーまた、大変だが、「両家の両親と夫も赤ちゃんを見てくれたら、そんな時、友達の愛する人たちに会い、少しの日常を送ってエネルギーを充電する」と伝えた。また「私たちの夫がとても性格が肯定的で明るく感情に大きく起伏がない。正しく快適な性格の所有者なので私も同じようになった」と感謝を表したりも。

歌手活動をする15年間当たった瞬間も夫と一緒に勝った。蝶は「デビューしてから8~9年くらいそんな時期が来た。当時は繰り返されるパターンのスケジュールで忙しく過ごしてみて大変だったし、その頃から音楽チャートのようなものがアイドル中心に流れながらソロ女歌手たちが立つ機会も多くない。アルバム出したときにチャートインするのが大変になり、歌手としての自尊心も落ちた”と当時友達が家族、そして夫の励ましのおかげで勝てたと言った。

過去の蝶は悲しくて切ないバラード曲としても有名だったが、今回は明るい曲のアルアンビー曲に戻ることになった。蝶は「いつも蝶と言えば高音にならなければならず、別れてこんなことを好きになってくれる方が多かった。実は私の性格はバラード部を性格ではない。したかった”とより明るい”春星花”を選んだ理由を伝えた。

jpg?type=w540″>蝶/写真=アル・アンド・ディ・カンパニー/写真=アルアンドディカンパニー

がいいと、力を得るとしてくださる方が多かった。意味でカムバック日を演じ、今日(11日)新しいシングル「春星花」を発売することになった。’春星花’はミディアムテンポのアルアンビージャンル曲でメロマンスチョン・ドンファンと共同作曲、作詞した歌だ。 蝶が新しいシングル春星花を持って帰ってきた。去る10日歌手蝶は麻浦区のあるカフェでヘラルドPOPと新曲春星花発売記念ラウンドインタビューを進行した。蝶は2008年にシングルI Luv Uでデビューしました

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!