/629/2022/11/11/20227321668068159_20221111000110529.jpg?type=w540″>ヨン・ジュンヒョンが新しいアルバム”LONER”発売オンライン記者懇談会を開いて”ファンがたくさん待ってくれた言った。/ブラックメイド提供

自粛と長い空白機を送って帰ってきた歌手ヨン・ジュンヒョンが全曲プロデュースを引き受けたアルバムで一人としてを始める。アルバム「LONER(ロナー)」発売オンライン記者懇談会を進行した。 2019年不愉快なことに関わり、以後チームハイライト脱退と軍服務に至るまで紆余曲折が多く、長い空白期を経験したヨン・ジュンヒョンは「ファンがたくさん待ってくれたが私もすごく今日を待ってきた」と感想を語ってアルバムに対する話を交わした。 2019年別名「チョン・ジュニョン・ダントクバン」事件に関わって警察参考人調査を受けたヨン・ジュンヒョンは問題のダントクバンには属していなかったが、チョン・ジュニョンが共有した映像を見て不適切な対話をした事実が知られて論議になった。その後、グループハイライトから脱退した彼は入隊し、昨年2月に全域した。ファンに届くことができたらと思う”と”どんなダントクバンにも属していなかった。 しかし当時の会話で間違った部分を十分に認知していて修正できなかったのが私の間違いであることを悔やむ。

新しいスタートの初歩である「LONER」は、ヨン・ジュンヒョンが4年ぶりに披露するソロアルバムで、一人で過ごす時間の中を通り過ぎる多くの考えや様々な感情からインスピレーションを受けて下された曲をまとめた。ヒップホップ、R&B、ポップなど多彩なジャンルで「ひとりある時間が好きな人」を意味する「LONER」の話を解き明かした。

置かなかった。 そのおかげで曲を細心の注意を払うことができた。 そういえば以前に作った曲をまた聴いてみたり、完成度が惜しくてひっくり返ったりもした”また、「家に一人でいる時間を楽しむ方だ。必ず必要な時間」とし「周辺に多くの人がいても寂しい時がないか。そんな様々な感情をアルバムに込めた」と説明した。

/image/629/2022/11/11/202279461668068215_20221111000110546.jpg?type=w540″>ヨン・ジュンヒョンは”日常が明らかだと感じる時があると思う。として、このアルバムを作った」とアルバムを紹介した。/ブラックメイド提供

タイトル曲「層間騒音」はオルタナティブヒップホップベースのビートにアコースティックなバンドサウンドが耳をひきつける。忘れてしまうと頭痛のように落ちて、空になればこぼれ落ちる記憶を「層間騒音」に叩いて歌った。ヨン・ジュンヒョンのタイトなラッピングと中毒性の強いフックが鑑賞ポイントだ。 )’、’GET OVER YOU(ゲットオーバー有)’、’PIECES(フィシス)’まで計6曲が収録された。各トラックでヨンジュンヒョンはボーカル、シンインラップなど様々な方式を活用してそれぞれのメッセージを表現した。と感じる時があるのではないか。

ヨン・ジュンヒョンはこの日午後6時「LONER」発売をはじめ、独立レーベルのブラックメイドで本格的な一人として出演する。音楽を一緒に作業していた方々と意思が合ってブラックラベルを作った。年を作りたい」と覚悟を伝えた。 [email protected]
▶ニュースホームページ:http://talk.tf.co.kr/bbs/report/write

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!