スコットマンソンハイブアメリカ事業代表… 「韓国の養成法に米ラベル接木ガールズグループを準備する」

type=w540″>スコットマンソンハイブアメリカビジネスソリューション代表
[韓国コンテンツ振興院提供。再販およびDB禁止]

(ソウル=ヨンハップニュース)スコットマンソンハイブアメリカのビジネスソリューション代表は10日、ソウルCOEXで韓国コンテンツ振興院主催で開かれた「2022コンテンツIP産業展」記者懇談会で「BTSのようなメガIP」 (知的財産権)がまた誕生できるか」という質問に「スター誕生はファンが決めるもの」としながらもこのように答えた。スター)養成方法論に米国最高のレーベルを組み込んだガールズグループプロジェクトが進行中」と紹介した。 (アーティストデビュー)初期段階からファンが介入できるようにする。 ラベルを作って歌手を排出して終わるのではなく、ラベルに生命力を吹き込むのにはファンの役割が大きい」と強調した。 「Kポップファンダムは特別だ」とし「米国ファンダムも特別な方が多いが、過去2年間ハイブアメリカで勤務しながら見た韓国のファンダムは特殊だ。マンソン代表はジャスティン・ビーバーやアリアナ・グランデのようなポップスターが属するSBプロジェクトで最高運営責任者を務め、YouTubeコンテンツ「ジャスティン・ビーバー:シーズンズ」などのプロジェクトを首尾よく導いた。

昨年、SBプロジェクトが属している板岡ホールディングスがハイブに買収され、ハイブアメリカの事業代表を兼職することになった。ながら「様々な変化の中でデジタル化が最大の変化」と市場の流れを絞った。コミュニティアプリウィーバースを通じてファンとアイドルの親密な関係を確立するのに役立っている”と評価した。/p>

マンソン代表は「バン・シヒョク議長本人もアーティストと9つのラベルが韓国、日本、アメリカで独自に運営される」とし、「アーティストごとに本人のストーリーがあり、それぞれの声が違うのにこれを尊重する」 「説明した。

韓国がグローバル市場で成功したIPを生み出すには何が必要かと尋ねると、彼は首を振り、K-コンテンツの力を信じているようにすればよいと言った。

「韓国のコンテンツクリエイターは何を補うか、あえてしようとする必要はありません。すでにすべてグローバル市場を魅了しています。他人の好みに合わせようとするよりはやっているとすれば、乗算があるはずです。」ガールズグループの準備私たちの会社(ハイブ)は9つのラベルを3カ国で運営しています。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!