16kg減量のニュースで注目を集めた歌手の蝶が自信を持って舞台に立てたくてダイエットをしたと告白した。

、ソウル市麻浦区一カフェでラウンドインタビューを行った。この日、蝶は新曲「春星花」の作業ビハインドから「ウォーキングマム」としての率直な話を聞かせた。お母さんを誰が呼んでくれるか」こんな悩みをした」と打ち明けた。彼は「周辺に職場復帰できず、こんな友達もいた」とし「最近歌謡界が幼すぎてアイドルの友達もたくさんいるので、私が歌うと聞くか、入る隙があるか、どんな話を、どんな歌をしなければならなかったか」と心配した。部分を明らかにした。

心配していたのとは異なり、旺盛な活動を繰り広げている蝶は最近MBC「遊んだら何ですか?」のWSGワナビー活動としても愛された。これを言及しながら感謝を表わした蝶は「(WSGワン幅)活動で多くの方々が好きになって期待してくださって早く音楽を聞かせたい気持ちが大きかった」とも話した。

チャートで好成績を収めたが、「(今回の曲に)チャートに対する期待や貪欲」は大きくないと。ただ、蝶は「一度は歌を続けることができるということに感謝し、たくさん歌ってくれて幸せに歌っ​​ている。今後、多くの場所で皆さんに会って歌いたいそんな期待感がある」という成熟した答えを伝えた。

ダイエットも歌と舞台のために決心した。減量の秘訣を聞くと、彼はメーカーを挟んでいたとし「資本ダイエット」という率直な言葉で笑いを誘った。 「肉と玄米ご飯を中心に食べ、その期間には酒も切った」と明らかにした蝶は「妊娠中に肉が蒸して出産して16kg程度減量した。きれいな服も着たくて、自信を持って舞台に立って歌いたくて頑張った。着実に維持しようとしているようだ。一番大切なのはお母さんである以前の私に戻って自信を再び見つけたことだ」と満足感を表した。

/11/11/0001523478_002_20221111105105513.jpg?type=w540″>

新曲の作曲と作詞にも参加した蝶は、今回の歌詞は仕事と子育てを並行する”ワーキングマジ”自らを吐き出す内容でもあると明らかにした。彼は「私に書く言葉でも、周辺にいる大変で疲れた方々にしてあげたい言葉でもある。一年中春で、きらめく星であり、花であってほしいという心」とし「息子にやりたい言葉でもある。疲れにくい方には良いメッセージを与えたくてこんな歌詞を書くことになった」とも付け加えた。移入して使ってみるとすぐに(歌詞が)出た」ともした。蝶は「お母さんというのが美しく、大切で貴重な存在だが、犠牲にしなければならないことも多い。自尊心が落ちる時もあって、そんな物語の友達とたくさんするのに「君は存在だけでも輝く存在」ということを「育児マム」たちにしてあげたい気持ちも大きかった」と明らかにした。

ための歌ではない。彼は「人生を生きながら、誰もが難しいことがあり、病気のことがあるかもしれません。そんな時、誰かはこの歌を聞いて慰めを受けてほしいという心」とし「みんなに慰めになればいいという気持ちで書いた」と改めて強調した。

を迎えた蝶は「私が考えた時、第一の全盛期もなかったようだ」と謙虚に言って周りを笑わせた。以来「真っ最中活動して再び頑張ってそう言ってくださるようだ」とし「前もう始まると思う」と野心的な抱負を明らかにした。多くの方々に会って新しい歌も出してそのような時間に出会っている」とし「結婚して育児して再びできるか沈滞していたが再び私に再び訪れてきた春のようだ」と話して温かさをかもし出した。

最後に蝶はファンに言った、「私も本当にたくさん待っていました。新しい歌がOSTやリメイクではなく本当に久しぶりだ。ずっとあまりにもソルレルだ”と”良い舞台に挨拶するからたくさん待ってほしい。良い歌をたくさん出しながら皆さんのそばに友達のように一緒にいる歌手になりたい」という挨拶を伝えた。したくダイエットをしたと告白した。 11日午後6時、新しいシングル「春星花」を発売する蝶はこれに先立ち10日、ソウル市麻浦区のカフェでラウンド

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!