?type=w540″>

(輸出ニュースチョ・ヘジン記者)歌手アレクサ(AleXa)が普段ファンだった文別が新曲に参加したことに感激を表した。

VOGUE(ガールズゴンボーグ)」発売記念メディアショーケースが11日、ソウル江南区イルジアートホールで開かれた。そして5月に米国NBCコンテストプログラム「アメリカンソングコンテスト(American Song Contest、以下「ASC」)」で優勝以来初めて発売するアルバムという点で期待を集めた。

ワンアース製作会社であるRBWの「ヒット曲製造機」ファン・ソンジンプロデューサーが総括プロデュースを引き受けた。また、アレクサも収録曲「BLACK OUT」作詞、作曲に参加した。 (スター、Feat.文別 of Mamamoo)」、2AMチョン・ジンウン・フォーミニッ・B.A.Pのプロデューサーだったイム・サンヒョクの野心作「Endorphine(エンドルフィン)」、コーラスサウンドが魅力的な「BLACK OUT(ブラックアウト)」、タイシンガーソングライターJeff Saturがプレゼントした叙情的なメロディーの「Please try again(フリーズトライアゲイン)」など、多彩なジャンルの曲が収録された。

/2022/11/11/0001523611_002_20221111155101674.jpg?type=w540″>

特に文別が新曲にフィーチャリングで参加した感想を聞くと彼は”想像もできなかった”と喜んで語った。彼は「ママムのファンだからこんなにできて幸せだ。文別先輩今回一緒にくれてありがとう」とし「時間になれば私はご飯買う」と付け加えて笑いを与えた。

またアレクサは「私は長い間ママム先輩たちとコラボしたかった。文別先輩と良い機会ができて幸せだ。を指摘した。アレクサは「ルセラフィム・ホ・ユンジンが私の友人だ。一緒にチャレンジすればいい」と意外な親切を明らかにした。これに加えて彼は「収録曲作業一緒にした文別先輩ともチャレンジを一緒にしたい」と改めて「ファン心」を表わし注目を集めた。時間)全世界が同時発売された。 Alexaの新しいミニアルバムGIRLS GONE VOGUE(ガールズゴンボーグ)発売記念メディアショーケースが11日、ソウル江南区イルジアートホール

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!