)が11日午前、ソウル江南区清潭洞イルジアートホールで行われた新しいミニアルバム「GIRLS GONE VOGUE(ガールズゴンボーグ)」発売記念ショーケースに出席してポーズを取っている。 「GIRLS GONE VOGUE」はグローバルアイコンとして浮上したアレクサにとって、もう一つの飛躍の意味を持つアルバムだ。’ASC’優勝者というタイトルとともにグローバルで立地が変わっただけにアーティストの面貌を確実に見せるために音源、コンセプト、ミュージックビデオ、スタイリングなど全般的な部分で高い完成度を具現するために心血を傾けた。 2022.11.11/写真=キム・チャンヒョン記者[email protected]
歌手アレクサが米国競演プログラム「アメリカンソングコンテスト」で優勝を占めて金の転向した後、「ガールズゴンボーグ」アルバムで初カムバックをした。

アレクサは11日午前、ソウル江南区清潭洞イルジアートホールで新しいミニアルバム「GIRLS GONE VOGUE」(ガールズゴンボーグ)発売記念ショーケースを進行した。アレクサはこの日午後12時、新報とタイトル曲「Back In Vogue」(白人ボーグ)を公開する。

アレクサの今回のアルバムは、彼が去る5月、米国NBC大規模コンテストプログラム「American Song Contest」(アメリカンソングコンテスト、ASC)で優勝した後、初めてリリースされるアルバムで10ヶ月ぶりに発表するシンボラさらに注目される。

アレクサは「アメリカンソングコンテスト」を成功裏に終えた感想で、「人生の大きなコンテストであり、私が歌手として上手にできるかとても震えた。それでも良い結果が出て幸いだった。次のステップを見せるか悩んだ。 今回のアルバムを準備しながら眠れなくてスタッフの方々と苦労したがよく出たようだ”と話した。

彼は「アメリカンソングコンテスト」の舞台の中で覚えていることで「「アメリカンソングコンテスト」で私が韓服を着て大きなお寺をした」と伝えた。続いて「私の故郷で’アメリカンソングコンテスト’に参加してファンの方々も好きなようだ」とした。

アレクサは自分がつけたい修飾語で「今回の活動を通じて「コンセプトクイーン」、「コンセプト女王」という言葉を聞きたい」と笑った。

アレクサの今回のアルバムはママム、ワンアーズ製作会社であるRBWの「ヒット曲製造機」ファン・ソンジンプロデューサーが総括プロデュースを引き受けた。タイトル曲「Back In Vogue」(バックインボーグ)は8,90年代ポップとオールドジャズ、オールドスクールヒップホップサウンドを合わせた曲で、内面の女性らしさとそのままの自分を表現することを恐れない主体的な鳥女性相に対するメッセージを込めた。防弾少年団(BTS)、NCT、トゥモローバイトゥゲザー(TXT)、レッドベルベットなどの曲を作業したKポップ代表ソングライターチームMoonshineとSunshineがプロデュースに参加して完成度を高めた。ボーグアルバムにはタイトル曲「バックインボーグ」をはじめ、ママム文別がフィーチャーした「Star」(スター)、「Endorphine」(エンドルフィン)、「BLACK OUT」(ブラックアウト)、「Please try again」(フリーズトライ)アゲイン)まで5曲が収録された。アレクサは「ブラックアウト」作詞、作曲に参加し、アーティストとしての力量を発揮した。チャージして金の転向した後、ガールズゴンボーグアルバムで初のカムバックをした。 Alexaは11日午前、ソウル江南区清潭洞イルジアートホールで新しいミニアルバムGI

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!