歌手アレクサ(AleXa)が故郷のファンに感謝の挨拶を伝えた。

/11/11/0000172004_001_20221111115301462.jpg?type=w540″>

11日ソウル江南区清潭洞イルジアートホールで歌手アレクサの新しいミニアルバム「ガールズ・ゴン・ヴォーグ」(GIRこの日アレクサは「ツアー中8都市を回った。私の故郷でアンコール舞台を「ワンダーランド」に広げた。コンテストに私の故郷を代表して出たことだった。ファンが本当に好き振付と歌詞を一緒についてくださって本当に不思議だった”と”また特別な経験はラジオで私の歌が出てくるのを偶然聞いた経験だ。 本当に不思議だった。/p>

続いて今回の国内活動目標を尋ねる質問に、彼は「今回の目標は国内K-POPファンに私の名前を知らせること」と念願した。浮上したアレクサにとって、もう一つの跳躍の意味を持つアルバム。華やかな時代を行き来するクロスオーバーコンセプトの「ガールズ・ゴン・ボーグ」は、1980年代にアメリカで流行していたヴォーグ文化と未来都市の華やかなバーチャルサーカス(Virtual Circus)を併せ持つレトロとフューチャーリスティックなムードを同時に抱えている。

タイトル曲「Back in Vogue」(Back in Vogue)はこのようなメッセージを積極的に盛り込んだ曲で、80~90年代ポップとオールドジャズ、オールドスクールヒップホップサウンドを感覚的に合わせた。防弾少年団(BTS)、NCT、トゥモローバイトゥゲザー(TXT)、レッドベルベットなどの曲を作業したKポップ代表ソングライターチームMoonshineとSunshineがプロデュースに参加して完成度を高めた。

ハーモニックスサウンドが甘いミディアムテンポのアルアンビーポップジャンルの「スター」(Feat.文別 of Mamamoo)から2AMチョン・ジンウン・フォーミニッツ・B.A.Pのプロデューサーだったイム・サンヒョクの野心作「エンドルフィン」(Endorphine)、賑やかなコーラスサウンドが魅力的な「ブラックアウト」(BLACK OUT)、タイシンガーソングライターであり、俳優とモデルとして活躍しているJeff Saturがアレクサにプレゼントした叙情的なメロディーの「フリーズトライアゲイン」(Please try again)まで多数の曲が盛り込まれた。 Mnet「プロデュース48」に出演した後、該当番組出身の中で最初にソロで出撃した。優れたパフォーマンスと歌の実力を兼ね備えたオラウンダーアーティストのアレクサは「グローバルモンスター新人」と呼ばれ、国内外で活動領域を広げてきた。

特に’アメリカンソングコンテスト’で争ったアーティストを抜いて一人で700点台を記録、出場した10チームのアーティストの中で圧倒的な点数差で優勝を占めた人物。 「アメリカンソングコンテスト」は、米国の50州とワシントンDC、5つの海外領土を代表する56人のアーティストが米国最高のヒット曲を占めるために競争する最大規模のオールライブ音楽コンテストだ。 MCケリー・クラクソン、スヌープドッグと世界的なポップスターたちが大挙出演して原作の「ユーロビジョンソングコンテスト」のヨーロッパファンにも熱い人気を集めた。優勝者特典として、アレクサはNBC「ケリー・クラクソンショー」と「2022ビルボードミュージックアワード」に出演した。 11日、ソウル江南区清潭洞イルジアートホールで歌手アレクサの新しいミニアルバムガールズゴンボーグ(GIRLS GONE VOGUE)発売記念ショーケースが行われた。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!