ニュースチョ・ヘジン記者)歌手アレクサ(AleXa)がこの時代のトレンディな女性賞を提示、流行を主導するという抱負を明らかにした。

アレクサの新しいミニアルバム「GIRLS GONE VOGUE(ガールズゴンボーグ)」発売記念メディアショーケースが11日、ソウル江南区イルジアートホールで開かれた。月発表したシングル「TATTO(タトゥー)」以来10ヶ月ぶりに、そして5月に米国NBC競演番組「アメリカンソングコンテスト(American Song Contest、以下「ASC」)」で優勝以来初めて発売するアルバムという点でさらに注目今回のアルバムはグローバルアイコンとして浮上したアレクサにとってもう一つの跳躍の意味を持つ。’ASC’優勝者というタイトルとともにグローバルで立地が変わっただけに、アーティストの面貌を確実に見せるために音源、コンセプト、ミュージックビデオ、スタイリングなど全般的な部分で高い完成度を具現するために心血を傾けたという伝言だ。アレクサは今回の「GIRLS GONE VOGUE」を通じて、シンスポップ、ミディアム・テンポ・アル&ビー・ポップなどこれまで試していなかった多様なジャンルを合わせて多才性を見せるという抱負だ。

ここにそのままの自分を表現することを恐れていない人々のためのメッセージを盛り込んだ曲でアルバムのトラックを埋め、「Vogue」が意味するこの時代の新しいトレンディな女性像を提示する見通しだ。韓国に帰ってきたアレクサは「とても震える」とし「1月のタトゥーでカムバックしてすぐにASCに立った。韓国で長く活動をしなかった。 「感謝の気持ちを伝えた。/p>

またアルバムについて紹介し、彼は「ヴォーグは8,90年代流行していたダンススタイルだ。 他の意味は流行こういう意味だ。自分自身を表現しながら流行されるだろうという意味」とも説明した。タイトル曲「Back in Vogue」はアルバムのメッセージを積極的に盛り込んだ曲で、8、90年代ポップとオールドジャズ、オールドスクールヒップホップサウンドを感覚的に合わせた。防弾少年団(BTS)、NCT、トゥモローバイトゥゲザー(TXT)、レッドベルベットなどの曲を作業したKポップ代表ソングライターチームMoonshineとSunshineがプロデュースに参加して完成度を高めた。

思っていた要素は「ミュージカル」のようなタイトル曲の感じを生かすこと。アレクサは「振付を通じてこのようなコンセプトをよく表現したようだ」と明らかにした。一方、アレクサの「GIRLS GONE VOGUE」はこの日正午(韓国時間)全世界同時発売された。

写真=キム・ハンジュン記者

アレクサ(AleXa)がこの時代のトレンディな女性像を提示し、流行を主導するという抱負を明らかにした。 Alexaの新しいミニアルバムGIRLS GONE VOGUE(ガールズゴンボーグ)発売記念メディアショーケースが11日、ソウル川

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!