グループAピンクチョン・ウンジがもう一度ソロに戻る。 「誰かの慰めになりたい」というチョン・ウンジの願いが「ログ」にそっくり込めた。寒い冬、凍った心を溶かすチョン・ウンジの暖かい慰めに期待が集まる。

?type=w540″>

最近チョン・ウンジはソウル江南区ISTエンターテイメント社屋でiMBC芸能と会って初のリメイクアルバム「log(ログ)」発売記念インタビューを進行した。

‘記録する’という意を込めた’ログ’は旅行と同じチョン・ウンジの人生を先輩たちの音楽を通じて再解釈して再び記録したアルバムだ。 1990年代から2010年代の名曲で構成されている。原曲とはまた別のチョン・ウンジの感性で再誕生した。この他にも、YBの「白ひげクジラ」、チョ・ヨンピルの「夢」、キム・ジョンファンの「愛のために」、三十に合わせてアルバムが出てくるとは思えなかった”としながらも”三十歳になった今年、ぜひ’三十頃に’リメイク曲が込められたアルバムを出したかった”とカムバック感想を話した。

ドラマ「ブラインド」、まで休みなく活動を続けている渦中にもアルバムを出せた原動力はファンとの約束だ。 20代半ばにファンが私にリメイクアルバムを出すように言われた。とクンギョンアルバムを準備した。”

体力的に大変だったが、”悪できちんと耐えた”と明らかにして笑いを抱いた。チョン・ウンジは「私はコツがない。台風の中を雨雨だけ使って雨を迎えていく感じだ。 p>

それで「まるで私がビルドアップされた気分だ。今年一年ファンの方々にお見せできるものはすべてお見せした。約束を守った人になってとても良い」と付け加えた。

“「何をすべきか」悩みが多かった時期を過ぎてきた」というチョン・ウンジ。自らを慰めるメッセージを今回のアルバムに盛り込んだと。チョン・ウンジは「20代はまだ若いが、若いと悩んでいないわけではない。年齢を食べながら熾烈に悩んで考えが多くなる。他の人が見たときにムンジェット通りではないということも私に問題の場合があった」とアルバム準備当時の心境を吐露した。グループ活動もしているのに満足を感じることができなかった。 それでもファンの方々は「うまくいく」と言ってくれたので、どのように満たすべきか悩んだ」と付け加えた。

pstatic.net/mimgnews/image/408/2022/11/11/0000172049_003_20221111180201851.jpg?type=w540″>

そのように誕生したリメイクアルバム「ログ」。大衆歌謡界の一画を描いた、先輩歌手たちの口を経て行った名曲5トラックがチョン・ウンジのマイクによって再誕生した。チョン・ウンジは「アルバム曲すべて私に慰めを与えなかった曲がなかった」とし「私が慰められた叙事詩がアルバム全体的に込めた」と強調した。チョン・ウンジは収録曲選定過程が悩みに悩みを重ねる熾烈な段階だった。他にもファンを慰めてくれる歌を歌いたいYBの「白ひげクジラ」、幼い頃に釜山で上京した敵の心情を溶かしたチョ・ヨンピルの「夢」、母親のための憲政曲であるキム・ジョンファンの「愛のために」、今年三十を迎えた心境を込めた故キム・グァンソクの「三十頃に」まで、いずれか意味を付与しなかった曲がないというのがチョン・ウンジの説明だ。か。チョン・ウンジは「恥ずかしくなるのが嫌だ。曲モニターをするたびに「先輩たちが聞いたらどうしよう」と思った。本当に一生懸命働いた」と強調した。とてもいいようだ。 11/0000172049_004_20221111180201861.jpg?type=w540″>

チョン・ウンジは”リメイク曲ではなく新しい曲を見せたいという気持ちもあった”とも話した。彼は「「現在の私」を今回のアルバムのタイトルにしたかった。ところで、「私に向かう旅」がその意図に合致し、編曲になっていざ呼んでみたらとても良かった。だからこの曲をタイトルにしなければならないという考え)これは聞いた」と説明した。チョン・ウンジは「誰かが私の曲をリメイクするということはそれ自体でとても良いようだ。一番有名なのは「空を望む」なんて。私の歌を歌うというのが想像できない。

マイナーな口説もなく休みなく走ってきた30年、チョン・ウンジはこれからの未来がより期待されるアーティストとして期待感を吹き込んだ。

歌を始めた理由は誰かを慰めたい気持ちであった。彼らに会えた三十だった」とし「仕事のために痴女だったが、ある瞬間私を応援してくれる人々がたくさん見えた。色々と固くなっていく三十だ。約束を守れる今日が来たというのがとても感激だ。も出てきたらいいなと思っています。

チョン・ウンジの最初のリメイクアルバム「ログ」は来る11日午後6時、各種主要音源サイトを通じて発売される。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!