ピンク(Apink)チョン・ウンジがソロカムバック同時国内音源およびグローバルiTunes上位圏をさらった。私に出かける旅行’が発売直後の午後7時基準で最新チャート2位、バックスリアルタイムチャート6位、メロン最新チャート7位など国内音源チャート最上位圏を席巻した。それだけでなく、リメイクアルバム収録曲全曲がメロンとジニー最新チャート、バックスリアルタイムチャートに上位圏進入し、強力な底力を誇示した。バーレーン3位、香港6位、フィリピン6位などiTunesトップアルバムチャート3カ国トップ10に上がり、カムバックと同時に国内外チャートを合わせる「Kポップ代表ガールズグループ」波及力を証明した。

最初のリメイクアルバム「ログ」は、旅行と同じ人生を先輩たちの音楽に再解釈し、再び「記録」したアルバムで、バズの「私への旅」をはじめ、YBの「白ひげクジラ」、チョ・ヨンピルの「夢」、キム・ジョンファンの「愛のために」、故キム・グァンソクの「三十頃に」まで、1990年代から2010年代の名曲で構成されている。として参加したチョン・ウンジは各トラックに自分の話を真正に溶かすために力を注いだという裏話だ。特にテヨン、デイシックスなどと作業した作曲家ミンジション(minGtion)、チョン・ウンジの’ヒーリングボイス’を着実に引き出す作業メイトイ・ヒョンヨン作曲家など実力派プロデューサー陣が編曲に参加してアルバム完成度を高めた。

タイトル曲に落ち着いた「私への旅」は、2005年に発表したBuzzの代表曲で、人生という長い旅を続けていくすべての人にチョン・ウンジが渡す小さな慰めであり安否だ。ギターサウンドをさらに加えたパンクロックスタイルで編曲されたこの曲はチョン・ウンジ特有の涼しい歌唱力と軽快な魅力に出会うことができる。アルバム「ログ」発売記念カムバックスペシャルショーを通じてファンと会う。リメイクアルバム収録曲ライブを披露するのはもちろん、アルバムビハインドストーリーを公開するなど、様々なコーナーで楽しい時間を過ごし、アルバム活動に拍車をかける見通しだ。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!