?type=w540″>

[OSEN=ジミンギョン記者] ハイブレーベルズアーティストたちが強力な音源パワーでサークルチャート最上位圏を掌握した。

サークルチャート(旧ガオンチャート)日公開した10月の月刊チャートによると、ハイブレーベルズアーティストがストリーミングチャートとデジタルチャート10位圏に4曲ずつ進入させた。ストリーミングチャートでは、ジコの「サピング(Prod. ZICO)(Feat.ホミたち)」が1位を占め、3位と4位にニュージンスのデビュー曲「Hype boy」と「Attention」がそれぞれ位置した。防弾少年団ジェイホップとクラッシュのコラボ曲「Rush Hour(Feat. j-hope of BTS)」は5位にランクされ、「トップ5」に4曲が上がった。

)(Feat.Homi)は10月のデジタルチャートでもトップに上がり、続いて「Hype boy」が2位、「Rush Hour(Feat. j-hope of BTS)」が4位、「Attention」が6位2022年37週目(集計期間9月4~10日)週間ストリーミングチャート、デジタルチャートに同時に進入一後9週連続チャートインしている。特に、この曲は40週目(集計期間9月25日~10月1日)チャートをはじめ、4週連続でトップを守り、「音源トップティア」ジコの地位を立証した。ジェイホップがクラッシュとコラボレーションした「Rush Hour(Feat.j-hope of BTS)」は2022年39週目(集計期間9月18~24日)週間ストリーミングチャートとデジタルチャートに同時進入して以来、最新45週次チャート(集計期間10月30日~11月5日)まで7週連続上位圏に留まっている。タイトル曲をすべて週間ストリーミングチャート、デジタルチャートに14週連続進入させ、長期興行を続けている。特に、「Attention」は34週目(集計基準8月14~20日)と35週目(集計基準8月21~27日)チャートで2週連続1位に上がり、デビューと同時に注目される「新鋭」でけがをした。/[email protected]

[写真]ハイブラベルズ

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!