仕事デビューを控えて期待を集めている「鼓膜少年団」がデビューショーケース全席完売記録に続き、様々なデビュー曲情報を伝えて期待感を引き上げている。 10日午後8時、メロンチケットを通じて前売りを始めた鼓膜少年団デビューショーケースは、チケットオープンと同時に約1千席規模の座席が全席完売し、高い関心を立証した。大韓疑問もさらに大きくなっている。 10日に公開されたカカオTVオリジナル「鼓膜少年団」(9回)では、デビュー曲を決めるために真剣な悩みに出たメンバーたちの姿が公開された。去るエピソードで2曲の音源を通じてデビューすると明らかにしたのに続き、メンバーたちが一座に集まって様々な候補曲の中で全会一致で2曲を選択、ダブルタイトルを決定する過程を公開したこと。特にメンバーたちがイ・グドンソンで「これしよう!」と歓呼した曲はスタッフたちの投票でも最高の反応を受けたことが明らかになり、メンバーたちとスタッフの両方の選択を受けたダブルタイトル曲に対する関心がさらに増幅されている。/p>

さらにこの二曲の作業に参加した有名作曲家と作詞家たちの派手な面も公開され、さらに期待を高めている。まず、最初のタイトル曲は、AFTRSHOK、joshep k、San yoon、MLCなど、BTOB、THE BOYZなどの様々なKポップアーティストと作業してきた作曲家たちが参加したと。ここにEXOの「Tempo」、「Ko Ko Bop」、「Power」、少女時代の「Holiday」、レッドベルベットの「Bad Boy」、NCT127の「Simon Says」、「Superhuman」などのヒット曲に参加したJQが作詞を引き受けて、もう一度K-POPファンの脳裏に強く残る歌詞が誕生したと期待を集めている中。

/438/2022/11/11/0000051314_002_202211111122801755.jpg?type=w540″>鼓膜少年団

第2タイトル曲は作詞がキム・イナが参加した。鼓膜ボーイフレンドの恍惚な蜂蜜ボイスにキムや特有の叙情的で美しい歌詞が加わり、今秋の感性を叩く幻想的な曲の誕生に期待が大きくなる。ミュージックビデオティーザー、音源プレビューなどを順次伝え、22日(火)午後6時待望の音源発売、午後7時デビューショーケースまでファンの関心を存分に引き上げる見通しだ。

オリジナル<鼓膜少年団>は甘くて恍惚な蜂蜜ボイスで大韓民国を越えてグローバル男女野蛮リスナーたちの鼓膜をひきつけるいわゆる’鼓膜ボーイフレンド’らがグループにまとめてデビューに進む左衝ウドル過程を密着リアリティで盛り込んでいる

22日デビューを控えて期待を集めている「鼓膜少年団」がデビューショーケース全席完売記録に続き、様々なデビュー曲情報を伝えて期待感を引き上げるある。 10日午後8時にメロンチケットで前売りを始めた鼓膜少年団

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!