全国平均15.2% [デイリアン=チャン・スジョン記者] 11日に放送されたSBS金土ドラマ「千ウォンの弁護士」最終話は、ニールセンコリア首都圏平均15.8%、全国平均15.2%、瞬間最高19.2%、2049 6.5%で、すべての指標で独自の最高視聴率を更新した。

ⓒこの日の放送でキム・ジウン分)、事務長(パク・ジヌ分)はもちろん、ペク・ヒョンム(イ・ドクファ分)、ソ・ミンヒョク(最大大訓分)、ナ・イェジン(公民政分)に至るまで、みんなが力を合わせてJQグループと会長チェ・ギソク(主席テ分)の悪行を根絶する姿が描かれた。

特にすべての事件が一段落してチョン・ジフンは「特検出身弁護士」という華麗なタイトルを持って弁護士事務所に戻った。百頭と事務長は特検出身プレミアムをつけて受任料の印象を夢見たが、チョン・ジフンは一言で拒絶した。

の心の価値でもあるということ。 「なぜ千ウォンだけを受けるのかは私には重要ではなかった。これになっても私は千ウォンだけ受け取る。誰が何と言っても私は千ウォンの弁護士だ」ためにダックに乗って出動する姿がエピローグ映像に盛り込んで愉快さを加えた。

Categories: 放送/TV

山内 貴之

長年メディア産業に携わってきました。 K-Popをはじめ、少し新しい分野に挑戦します。 今日一日も最善を尽くします!