地域に1997年に設立された実用音楽学院「パープライン実用音楽学院」が多様な音楽を学ぶ総合実用音楽学院で性格を終え、オーディション専門実用音楽学院に変えると23日伝えた。

一般的に実用音楽学院ではピアノ、作曲、ボーカル、ギター(エレック、ベース、アコースティックなど)、ドラムなどを含む様々な楽器を学ぶことができる。 K-POPアイドルの世界的興行が続くにつれて、国内の大衆音楽市場は歌手、アイドル中心に偏向され、楽器を学ぶ割合が少なくなる現象に実用音楽学院の数も持続的に減っているというのが学園側の説明だ。

現代的な流れと変化によって、既存の実用音楽学院がダンスとボーカルを一緒に学べるオーディション専門学院に変更することが多くなり、現在はオーディション専門学院が主を成しているというのが学園側の説明だ。 p>

資料写真

音楽学院の2大院長を務めている歌手兼芸能人専門トレーナーチョン・ジョンア院長(活動名グリーン奈良)は「安養駅駅税圏に位置し、26年間多くの後学養成とミュージシャンの道を排斥してくれたパープライン実用音楽学院も受講生が減る限界を感じるようになり、歌手やシンガーソングライターのためのオーディション専門班を新設し、他の場所と差別化をして真の人材養成と多くの機会を与えるためにオーディション合格保障制度を進めている」と伝えた。 >ソン・ボンソク記者[email protected] g.com

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!