キム・ヒジェが19日午後オンライン生中継で行われた「ミスタートロット:ダムビー」製作報告会に参加してポーズを取っている。/写真提供=Mobi/写真=イ・ドンフン記者[email protected]歌手キム・ヒジェ側がコンサート契約無効訴訟で出演料未支給と中華圏マネジメント契約解除に対する立場を明らかにした。アンエム(グリーンヘビアンエム)が公演企画会社モコイエンティとマウンテンムーブメントなどを相手に出した契約無効(金銭)訴訟初の弁論期日を開いた。 「被告側が(キム・ヒジェが)最初から公演する意思がなく出演料を受けたと言う式の詐欺で詐欺罪で訴えた状態」と明らかにした。くれて最高までしたが出演料を支給せず、中華圏マネジメントガンは努力も傾かなかったという趣旨」と述べた。 「中華圏マネジメントによる売上を支給したため、契約解除の理由に該当しない」と反論した。出演料未払い件については別途言及しなかった。当時、スカイアンエムはキム・ヒジェファンコンサートおよび全国ツアー公演企画会社で契約を締結したモコイエンティが合計8公演のうち5公演に対する出演料を納期日まで支給しなかったと主張した。は「キム・ヒジェ側は本人の名前をかけている単独コンサートの練習に一回も参加せず、コンサート準備のための音源提供及び広報に非協力的であり、重ねられた要請にも連絡切れだった」と即刻反論した。その後、7月に予定された全国ツアーコンサートはキャンセルされた。違反したという立場だ。このコンサート契約無効訴訟で出演料未支給と中華圏マネジメント契約解除に対する立場を明らかにした。ソウル東部地方裁判所ミンサ12団体は24日、キム・ヒジェ所属会社スカイアンエム(グリーンヘビアンエム)が公演企画会社モコイエンティワマ

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!