グループ「防弾少年団RM」が様々なアーティストとコラボレーションした。

RMは11月25日、公式SNSに「Indigo」トラックリストイメージを公開した。

新報はタイトル曲「野花遊び(withチョ・ユジン)」を含む「Yun(with Erykah Badu)」、「Still Life(with Anderson.Paak)」、「All Day(with Tablo)」 、「忘却(withキム・サウォル)」、「Closer(with Paul Blanco、Mahalia)」、「Change pt.2」、「Lonely」、「Hectic(with Colde)」、「No.2(withパク・ジユン)」など10個のトラックで満たされた。曲だ。チェリーフィルターのボーカルチョ・ユジンがフィーチャーリングで、DOCSKIMがプロデューサーとして参加した。

チョ・ユジンだけでなく、エリカ・バドゥ(Erykah Badu)、アンダーソン・パック(Anderson.Paak)、エピックハイのタブロ、シンガーソングライターキム・サウォル、イギリスシンガーソングライターマハリア(Mahalia)、R&Bヒップホップミュージシャンポール・ブランコ(Paul Blanco)、シンガーソングライターコールド(Colde)、シンガーソングライターパク・ジユンなど、それぞれ異なる魅力のアーティストがフィーチャーリングに参加した。

プロデューサーはやはり華やかだ。 DOCSKIMをはじめ、被毒(Pdogg)、ホンネ(HONNE)、イアン(eAeon)、ウン・ヒヨン(john eun)などが「Indigo」プロデューサーに出た。被毒は「All Day(with Tablo)」と「Lonely」、「Hectic(with Colde)」のプロデュースを引き受け、RMのミックステープ「mono.」収録曲「seoul(Prod. HONNE)」で呼吸を合わせた英国エレクトロニックデュオ・ホンネが「Closer(with Paul Blanco、Mahalia)」に、イ・イアンは「Change pt.2」に、ウン・ヒヨンは「健忘症(withキム・サウォル)」と「No.2(withパク・ジユン)」にプロデューサーとして参加した。.

RMは「Indigo」の全曲作詞、作曲をはじめ、アルバム作業全般をリードし、様々なミュージシャンとのコラボレーションを超えて音楽と美術という境界を超えたコラボレーションを実現した。

RMの生活と理由の痕跡が溶けている「Indigo」の全曲は12月2日に公開される。 (写真=ビッグヒットミュージック提供)

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!