26日「私はいかが」公開、片思いの歯の率直な心を込めた曲

コメディアンナム・チャンヒが26日、ディンゴ・ミュージックとコラボしたソロ曲「私はいかが」を公開する。/ディンゴミュージック提供

コミックナム・チャンヒがソロ歌手としてデビューする。 。 「私はいかが」は「あなたを愛する10の理由」のアン・ヨンミン作曲家とディンゴ・ミュージックが一緒に参加した曲で、片思いの本当の心を込めた歌詞とナム・チャンヒの淡白なボーカルが調和して曲の完成度を一層高めた。 >

ナム・チャンヒはMBC「遊んだら何してるの?」 MSGワナビープロジェクトオーディションで披露したチョン・ジュンイルの’告白’を通じて甘美な音色と爆発的な歌唱力で好評を受けて’反転魅力’を見せた。 「私はいかが」というナム・チャンヒの繊細な感情そのままを感じることができる曲だ。 2019年にグループ活動を始めたチョナム地帯は「そこで今どこに」、「良い家がどんな相関なのか」、「愚かな理由だ」、「真冬の夢」などを発表した。先月はディンゴフリースタイルと一緒にした音源「愛されていない男、配達されない男」を通じてヒップホップに挑戦した。地帯に続きソロ歌手に華やかに変身する。ソロ歌手としての新たな挑戦の始まりを知らせる新曲「私はいかが」を通じてナム・チャンヒがどんな感性と魅力でリスナーたちの共感を引き出すか期待が集まる。ケイティッド・キッド、トランスフィクションが共にしたカタールワールドカップ応援ソング「一つになって」をはじめ、ケーシーがフィーチャーしたビンセントブルーの「スライディング」、フィインとコールドのコラボ曲「光合成」、ディエイドの「別れないで」、ビックスヒョクとソ・イングクが共にした「Stay for me(ステイフォーミー)」など多様な音源を発売して音楽IPおよび音楽関連映像コンテンツパワーを育てている。午後6時、各種音源サイトを通じて発売され、ディンゴミュージック公式YouTubeチャンネルを通じて「縦ライブ」映像が追加公開される。
▶カカオトーク:「ザファクト情報提供」検索
▶Eメール:[email protected]
▶ニュースホームページ:http://talk.tf.co.kr/bbs/report/write<

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!