“>ライブネーションコリア提供

‘Flower’,’Honeymoon’,’Gimme Gimme’の主人公’ジョニスティムソン(Johnny Stimson)’が初の単独公演のために来る12月再び韓国を探す。

ロンドンの小さな会場の舞台に上がったジョニー・スティムソンの姿を偶然見たエルトン・ジョン(Elton John)は、2015年自身のミュージック・ラベル・ロケット・レコード(RocketRecords)で彼を迎え入れ、正式に契約を締結することになる。

ジョニー・スティムソン音楽は「ヴァンパイア日記」、「フラッシュ」など、いくつかのテレビドラマや広告を通じて知られ始め、2018年にはインドネシアの有名歌手が「Honeymoon」を自分の結婚式に使ったことをきっかけにこの曲はインドネシアの音楽チャート2位まで上がる。 p>

ライブネーション韓国

ベルベットの広告音楽として使われ親しまれた「Gimme Gimme」は、防弾少年団のジミンの「YouTubeプレイリスト」に名前を挙げてさらに注目を集め、防弾少年団Vがライブ放送中にジョニー・スティームソンの「Flower」に追いつく姿を公開される。このニュースに触れたジョニー・スティムソンは、SNSを通じて彼らに感謝の挨拶を伝えながら大きな話題を呼び起こしたことがある。スティムソンは「鼓膜ヒーラー」と呼ばれる甘い声と美しい歌詞で音楽ファンの心をひきつけた。今年5月に開催されたソウルジャズフェスティバルのために再び韓国を訪れたが、その後「Gimme Gimme」、「So.Good.」、「Zombies」、「Butterflies」、「Honeymoon」、「Pink Lemonade」、「All I Want」 Is You’,’You’re NotThere’,’Smile’,’Flower’など10曲のライブを収めたディンゴミュージック’キリングボイス’映像を公開してファンたちの歓呼を引き出した。

当時”ソウルに訪れることができて幸せで、いつかもうすぐ韓国に来る」という所感を伝えたが、約6ヶ月ぶりの来る12月単独舞台で再び韓国を訪れるようになり、その約束を守ることになった。

ジョニー・スティムソン来韓公演は2022年12月3日午後7時、イエス24ライブホールで開催される。

/2022/11/25/0000851539_003_20221125205601469.jpg?type=w540″>ジョン。スティームソン公演ポスター

ソン・ボンソク記者[email protected]

来る12月に再び韓国を訪れる。ロンドンの小さな会場の舞台に上がったジョニー・スチーム

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!