「幼児」独占「トーンクイーン」 [ヘラルド経済=ソ・ビョンギ先任記者]幼児が幼児毒ゾーン「音色クイーン」の面貌をしっかり明らかにした。曲「Selfish」のレコーディングフィルムを公開した。快適で飾らない姿で録音室に登場した幼児は、舞台の上の姿とは全く違う自然な魅力で視線をひきつけた。加えて音楽と自分のボーカルを細心に分析し、積極的に意見を提示し、格別な情熱を見せた。見て様々な試みをしてみるなど独歩的な音色をさらに魅力的に引き上げて曲を満たした。特に特有の肯定エネルギーで現場を明るく導くのはもちろん、快適さと真剣さを行き来するプロフェッショナルな面貌で深い印象を残した。感覚的なR&Bサウンドで解放した曲だ。牛乳不断な相手との不確実な関係を、水が抜けている浴槽の中の魚に比喩な歌詞で率直で堂々とした魅力を盛り込んだ。明らかにした幼児はタイトル曲「Selfish」で国内主要音源チャートと全世界8地域のiTunes K-POPアルバムチャートで最上位圏を記録した。また、自身の最短期間でミュージックビデオ千万ビューを突破、音楽放送で1位を獲得するなど意味のある成果を収め、大勢の歩みを続けている。

一方、幼児は各種放送番組や多彩なコンテンツを通じて2枚目のミニアルバム「SELFISH」の活動を活発に続けている。所属事務所WMエンターテインメントは24日、公式YouTubeチャンネルを通じて、幼児ミニ2集「SELFISH」のタイトル曲「Selfish」のレコーディングフィルムを公開した。公開された

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!