写真=ビッグプラネットメイドエンターテイメント歌手イ・ムジンが大邱で全国ツアーを成功的に始めた。

イ・ムジンは去る3日と4日大邱永南大学チョンマアートセンターグランドホールで’2022-2023イ・ムジン全国ツアーコンサート別冊付録'(以下’別冊付録’)の初公演を開催してファンに会った。

「別冊付録」はイ・ムジンがデビュー後初めて準備した全国ツアーで、大邱から出発した。イ・ムジンのヒット曲はもちろん、独歩的な感性と音楽世界を盛り込んだ多彩な舞台が多い人々に感動と余韻をプレゼントした。

この日イ・ムジンは初のミニアルバムのタイトル曲である「参考事項」をはじめ、「信号など」、「課題曲」など多くの愛を受けたヒット曲まで披露し、コンサートを開く。

また、これまでオーディション番組とOSTを通じて披露した「誰なし」、「笛」、「雨とあなた」、「スウィート海」を含む6日に公開される新曲「Slainte!」を事前にコンサートで披露し、コンサートを訪れた観客に特別さをプレゼントした。

公演中の「星、本、付録」コーナーでは、ニュージンズの「Attention」や防弾少年団の「Butter」などアイドルソングカバーとメロマンスの「愛かどうか」IUの「私の手をつかむ」’などOST名曲カバーをはじめ、観客たちの事情を抜いて即座に曲を作って歌う時間を準備して豊かな舞台を飾った。

3日には所有、4日にはVIVIZ(ビビジ)親指がゲストとして登場し、イ・ムジンと’雪が来るじゃない’をデュエットで歌唱して熱い拍手を受けた。所有は’I miss you’と’サム’、親指は’来て’舞台でも公演に活気を加えた。

初めての全国ツアーを成功させたイ・ムジンは、「すべてが初めてだからとても心配して緊張したが、最後まで頑張ってくれて楽しんでくださった観客の方々と、きちんと集中して忙しく動いてくれた関係者のおかげで初コンサートを幸せに進めてよく終わりました! 感謝の気持ちがとてもたくさんある公演でした」との感想を伝えた。

一方、イ・ムジンは大邱に続き、ソウル、釜山、イルサン、蔚山、光州など5都市で「別冊付録」を続ける。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!