2022.12.08. (写真=カミーミュージック提供)[email protected] *再販とDB禁止仕事言った。今回のライブアルバムはキララの月刊企画公演「ただの単独公演」が開かれた9月2日、弘大公演場プリズムホールで現場サウンドを録音して2時間分のダブルCDで制作したものだ。

カミーミュージックは「2つ以上のトラックを一度にそして同時に組み合わせるマッシュアップ方式を使って、これまで発表された電子音楽愛好家に大きく愛されたキララの音源を総網羅した」と紹介した。

キララはライブアルバムについて「感じて経験しているものを聴者に伝えようと臨場感をそのまま活かしたこのアルバムで最大限キララを楽しめるという点で、現時点のキララをまとめる完結版になること」と期待した。

キララは2011年までSTQプロジェクト(Project)という名前で活動し、2014年3月から今の名前キララを使い始めた。以後、休みのないライブパフォーマンスで電子音楽家マニアたちの間でファンダムを構築した。エレクトロニックレコード賞などを受けた。これまで正規4枚、EP6枚を発売した。ペク・イェリン、おそらくイザラムバンドなどとリミックス、コラボレーション作業などをした。

特に、電子音楽の本拠地であるヨーロッパ各国で超大型フェスティバルにヘッドライナー級として招待された。世界電子音楽の新ではKポップアイドルグループ以上の認知度とファン層を持っている。コロナ19による隔離措置が緩和された今年はドイツとオランダの最大の電子音楽フェスティバルドキュメンタ(documenata)とウェルカムトゥービレッジ(welcometothevillagefestival)にそれぞれ招待された。 24日には台湾のウェスターホールで開かれる「ハートアタックフェスティバル」でヘッドライナーで公演する。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!