/01/AKR20230101045800005_01_i_P4_20230101174814169.jpg?type=w540″>舞台披露している新たなビット
[SMエンターテイメント提供。再販およびDB禁止]

(ソウル=ヨンハップニュース)Jan Jong-Hun記者=SMエンターテイメントが持続可能な未来のための連帯のメッセージを送り、戒め年「黒いウサギの年」の扉を開いた。

1日、SMエンターテイメントが午後1時から開催した無料オンラインコンサート「SMタウンライブ2023:Sパレス@荒野」では、カンタからNCTまでSMエンターテインメントの所属歌手たちが一緒に調和して豊かな見どころをプレゼントした。

今回の公演はYouTube、ビヨンドライブ、日本KNTV、チックトークなどを通じて生中継され、SMエンターテインメントの仮想空間「荒野」(KWANGYA)にある「Sパレス」(S PALACE)に所属歌手たちが集まったコンセプトで進行された。中のイ・スマン総括プロデューサーエンターテイメント提供。再販売とDB禁止]を皆さんの手で創造できる」と力説した。

このプロデューサーの演説が終わった後、コンサートは持続可能な未来のための連帯を促すメッセージを盛り込んだキャンペーンソング「The Cure」のミュージックビデオで砲門を開いた。

続いて最近「キャンディー」(Candy)で扇風的な人気を集めているNCTドリームが「ビートボックス」(Beatbox)と「ホットソース」(Hot Sauce)を披露した。

で制作されただけに、コンサートは生放送公演より歌手の魅力をよりよく捉える繊細なカメラワークと華やかな舞台効果で見ることを楽しくした。 )を歌ってカリスマあふれる舞台を繰り広げた。

最初にExo Kai、Red Velvet Slim、NCT Geno、Espa Karinaがこのコンサートの最初のコラボレーションステージを発表しました。

‘ビューティーフルクリスマス’公演中のレッドベルベットとエスパ。再販とDB禁止]

レッドベルベットとエスパは「ビューティーフルクリスマス」(Beautiful Christmas)ステージを合作し、カンタとスーパージュニアリョウクはカンタの正規1集「北極星」を一緒に歌った。テヨンはエスパのウィンター、東方神起の最強チャンミンと共に叙情的な音色を誇り、’プライオリティ'(Priority)の舞台を飾った。

スホ、シウミン、チェン、チャンヨル、ディオ、カイ、セフンなど7人のメンバーが久しぶりに集まったEXOの「一目」をはじめ、ボアの「フォーギブ・ミ」(Forgive Me)、スーパージュニアの「ソリ・ソリ(SORRY、SORRY)、東方神起の「運命」などSMエンターテイメント代表歌手たちのヒット曲も披露した。

公演のハイライトは1年前「SMタウン2022:Sエクスプレス」でベールを脱いだユニット「ガット・ザ・ビット」が飾った。

ザ・ビットは今月16日公開予定の最初のミニアルバム「スタンプオンイット」(Stamp On It)と同名のタイトル曲舞台を披露した。

ゴッド・ザ・ビットはBoA、テヨン、ヒョヨン、スルギ、ウェンディ、カリーナ、ウィンターなど7人のメンバーで構成されたユニットで、昨年1月に発表した「ステップバック」(Step Back)として人気を集めた。/p>

SMタウンライブはSMエンターテイメントの代表的な公演ブランドで、昨年1月の公演はYouTubeベースで全世界179カ所で5千100万件のストリーミングされるなど大きな愛を受けている。

[email protected]

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!