/ssl.pstatic.net/mimgnews/image/003/2023/01/01/NISI20230101_0001166521_web_20230101133234_20230101140005601.jpg?type=w54 SMサステイナビリティフォーラム現場。 2023.01.01. (写真=SMエンターテイメント提供)[email protected]私たち全員が望むより良い未来を皆さんの手で創造することができる。 1日午後12時、YouTubeのSMタウンチャンネルなどを通じて公開された「SMサステイナビリティフォーラム(SM Sustainability Forum)」映像でオープニングスピーチ(基調演説)を通じてKポップを中心に描く持続可能な未来を提示した。

このプロデューサーはSMと共に「ファーストムーバー」で世界舞台に出て、「カルチャーファースト、エコノミーネクスト(Culture First、Economy Next)」を実現したと自評した。そして再び新しい未来の人工知能(AI)とメタバスの世界を設計し、メタバス時代のコンテンツをリードしようと強調した。

SMのメタバスである「SMカルチャーユニバース(Culture Universe)」(S)とメタバーシャルオリジンストーリーを通じて作るSMのコンテンツワールドがその実現手段だ。 Sの無限の創造の世界である「荒野」がその例だ。

このプロデューサーは「私たちのビジョンは現実になった。私たちはすでに現実と仮想の境界なしに文化につながったメタバスの世界に住んでいる」としながら「皆さんの無限の創造性を広げることができるメタバスで「プレイトクリエイト(Play2Create)」、楽しく幸せに創造性を発見して発揮して成長してほしい」と話した。

このプロデューサーは何より今は地球上の気候危機を解決し、持続可能性を実現しなければならない炭素中立の時代であることを強調した。彼は「地球上の森が消え、世界各地が砂漠化している。サステイナビリティ(Sustainability)、「持続可能な未来」は私たちが一緒に解決しなければならない宿題」と語った。

それで「バーチャルメタバスで新しいアイデアと可能性をシミュレートし、テストして現実にミラーリングしてサステイナビリティ(Sustainability)」を実現できると思う。私たちの地球を生かすことはできませんか?」と尋ねました。=w540″> [ソウル=ニューシス] 左からイ・スマン総括プロデューサー、エクソ守護、チェ・ジェチョン教授。 SMサステイナビリティフォーラム現場。 2023.01.01. (写真=SMエンターテイメント提供) [email protected]アーティストと音楽が調和した施工を超えた美しい物語と舞台が、私たちの創造性を刺激し、ヒューマニティと持続可能な未来へのインスピレーションを与えるだろう」と期待した。

続いて「皆さんはすべて参照でき、プロデューサーになることができる。ここSパレスで始めてほしい」とSMのヒューマニティ「非ハンブル、非カインド、ビザラブ(Be Humble、 Be Kind(Be the Love)」をもう一度強調した。世界的な生態学者兼進化生物学者であるチェ・ジェチョン梨花女子大学エコ科学部の座席教授兼生命多様性財団理事長、米国の代表的な韓流研究学者であるサム・リチャードとローリー・マルビ・ペンシルバニア州立大学社会学科教授の発表が広がる。

発表後開かれた特別対談では、モデレーターとして米国の著名な韓国文学および大衆文化専門家ダフナ・ジュール・スタンフォード大学東アジア言語および文化学科の副教授が出た。パネルでイ・スマンプロデューサーとチェ・ジェチョン教授、韓流グループ「EXO」守護が参加した。特にスホはアーティストとしての活動経験を活かし、K-POPと地球の持続可能な発展に関わる話を聞かせた。 2023: S [email protected])’がお茶の間1列をKポップフェスティバルの場に漕ぎ始めた。先月26日に発売された「2022ウィンターエスエムタウン:Sパレス」(2022 Winter SMTOWN:S PALACE)のダブルタイトル曲であり、持続可能な連帯のメッセージを収めたキャンペーンソング「The Cure」のミュージックビデオ飾った。 「木を植えるKポップフェスティバル」をモチーフにした曲だ。を通してあなたが作りたい世界を創造し、現実にも

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!