>今年を愛で彩った最上のアーティストたちの祭りが2022年の終わりページを美しい音楽でいっぱいに満たした。 %、2部4.1%を記録した。また、広告主の主要指標であり、チャンネル競争力を計る核心指標である2049視聴率は1部2.5%、2部2.7%を記録、1部の場合は同時間帯1位を占めた。瞬間最高視聴率は最長数混成グループコヨーテの’純正’舞台が繰り広げられた時で5.6%まで上昇した。’をテーマに飾られたKポップアーティストたちの華やかな舞台で視聴者たちの目と耳を満足させた。放送3社年末の歌謡祭のうち「2022 MBC歌謡大祭典」にだけ出演するレジェンド・ソプラノ・チョ・スミ、ユン・ジョンシン氏を含め、約37チームが総出動した。特に昨年に続き再会したMCイ・ジュノ、イム・ユナ、チャン・ソンギュ氏のケミストリーが興をさらに倍増させた。イ・ジュノ、イム・ユナ氏のときめきたっぷりの合同ステージに続き、チャン・ソンギュさんもコヨテ、CLASS:y(クラシ)とコラボレーションを成し遂げる一方、霊卓の舞台にフィーチャリングまで出て雰囲気を最高潮に引き上げた。

2022年に続き、2023年を輝かせる新鋭の舞台も盛り上がった。名不虚伝モンスター新人IVEは少女時代の’Lion Heart’でラブリーな魅力を誇り、CLASS:yとTEPEST、ケプラー(Kep1er)は強烈なパフォーマンスはもちろん、かわいい合同ステージでこれから続く新鋭の活躍を期待した。/p>

これと共にジャンルと世代を超えたアーティストたちの特急コラボレーションも視線をひきつけた。ユンハさんとNCTテイル、ヘチャンさんは「パスワード486」でテチャン欲を刺激し、「最後の愛」ASTROのムンビン&傘下、SF9のユ・テヤン氏、Weiキム・ヨハンさんは「Love Killa」で犯すことができないセクシーな美しさを発散した。

ユン・ジョンシン氏とBillieは「転生」と「高速道路ロマンス」を通じて世代を超越した和合を完成する一方、大韓民国代表ソプラノ・チョスミはスーパージュニア・リョウク氏とミュージカル「カン・カン」のナンバー「I」ラブパリを開社した「I Love Seoul」で魅力あふれる舞台を披露した。 NCTのドヨン、ジェヒョン、チョンウさんはコンサートで熱い反応を起こした未発売曲「後遺症」を、ATEEZは新しいシングル「HALAZIA」で目が離せないパフォーマンスを繰り広げた。ここにITZY、Stray Kids、Monsta Xが韓国では披露したことがなかった舞台で新鮮な楽しみをプレゼントした。ソン・ガイン氏とチョン・ドンウォン氏はそれぞれ「サミイン曲」と「That That」で強烈なイメージ変身に成功した。前世代を網羅する音楽の力で2022年の終わりを愛で飾った。加えて「2022 MBC歌謡大祭典」は、クラシック、トロット、ロック、Kポップなど多彩なジャンルで男女野荘誰でも一緒にできる対話の場を作り出した。

[写真=MBC]

* YTN starは芸能人や芸能界の従事者に関連する情報を受け取ります。
[email protected]でお気軽にご連絡ください。ありがとうございます。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!