SMエンターテインメントが国内エンターテイメント社初のサステイナビリティフォーラム「SMサステイナビリティフォーラム」を開催、約470万ストリーミングを記録した。

今回のフォーラムは本日(1日)「SMTOWN LIVE 2023:S [email protected]」(エスエムタウンライブ2023:Sパレス@荒野)公演に先立ち、午後12時からYouTubeやBeyond LIVEをはじめとする各種プラットフォームを通じて無料オンライン中継され、全世界105カ国(Beyond LIVE接続基準)で最大同時接続者数57万人で約470万ストリーミングを突破、オンラインフォーラムとしては歴代級数値を記録し、グローバル視聴者に地球の持続可能発展に対する話題を今回のフォーラムでイ・スマン総括プロデューサーは「ヒューマニティとサステイナビリティ:地球を生かすためのビジョン(Humanity and Sustainability:A Vision for Saving the Earth)」をテーマに基調講演を始めた。イ・スマン総括プロデューサーは次のように述べています。地球自体を生かし、私たちの基盤を保存しなければならないという切迫感を持たなければなりません。私たちは皆、国際社会の最大の共同目標である国連のグローバルゴール、持続可能な発展を日常の文化、日常の文化エコシステムに定着させること、そして地球の持続可能性、サステイナビリティのためのネットゼロ、すなわち炭素排出剤としてロードマップに私たち全員が今参加しなければならない。特に地球の持続可能性を実現するためには砂漠化を防ぐ努力が絶対に必要だ。特に、イ・スマン総括プロデューサーは、「ヒューマニティの基盤を持つKポップと韓流は、これらの木の植栽運動に重要な始発点があります。自己触媒にすることができます。モンゴルやサウジアラビアなど砂漠を青い緑地に変えるプロジェクトにKポップが共にするビジョンを言及するたびに、世界中の人からの励ましと声援がとても熱いという事実に驚かれる。私はKポップと韓流が見せたヒューマニティと地球の持続可能性に対する夢がまた、再び世界を感動させ、「地球を生かす」に貢献できると確信している。そしてこれが韓流の未来になるべきだと思う。私は木一本が始まると思います。音楽一曲が人生を変えるように木一本が世界を変えることができるからだ。木の植栽が新しい生活文化として位置づけられれば、将来の都市建設のための長期的なロードマップの出発になることができ、さらに私たちが夢見る、みんなで夢見るまさに未来の都市の始まりと、そして標準にもなることができる」と強調した。また、チェ・ジェチョン梨花女子大学エコ科学部のソク教授兼生命多様性財団理事長は、「詩一編、小説一本、映画一本が数百万、数千万、数億人の心を振る。絵と文学がそのような役割をするなら、音楽はなぜできないだろうか。それで私はSMが考えている木植えがとても嬉しかったし、膨大な影響力を発揮できることだと思う。過去、韓国がミンドン山を青い山にしたのは全世界が知っており、環境関連の舞台で大韓民国が肩を広げることができるすばらしい誇りだ。今SMがリードしてKポップファンたちが一緒に全世界に木を植え始めるとどれだけ気がついた効果が現れるか。まさに幻想的な調和だと思い、「Kポッププランティング」という表現も作ってみた。サステイナビリティの核心概念は、私たちの世代が自然から得られる恩恵を未来の世代も味わえるようにしてくれるということですが、その中心に木の植栽が入っていけば素晴らしいようです。このようなことを今後続けていくことに、私もどんな形でも力が届くように助けたいと思う」と明らかにした。先駆者として大きく活躍したイ・スマンプロデューサーから、彼がもう彼の情熱を人類と持続可能性という価値に向けて注ぐことにしたという事実を聞いた。私たちは、その価値の中に社会不平等や貧困などの問題を解決しようとする意志までもすべて含まれていると考える。結局、これは韓国が他のどの国も持っていない非常に特別な能力と、おそらくその誰もできない方法で環境問題解決に先頭に立つことができるという私たちの強い信仰と直接つながる。 Kエンターテインメントはストーリーを通じて、また生態系の変化、人類全体のコラボレーション、不可能を可能にする力、文化を導く力などのすべての結集を通じて持続可能な文化に直接貢献できる産業だ。あなたは大きな変化を引き起こすことができる文化的基盤を持っています。 Kフューチャーを構築することは、いつもどこかに道があるという信仰と不可能なことができると信じるものだ」と伝えた。

052/2023/01/01/202301011627415189_img_0_20230101162902087.jpg?type=w540″>


発表後は、モデレーターであるダフナ・ジュールアメリカ・スタンフォード大学東アジア言語および文化学科副教授の進行のもと、イ・スマン総括プロデューサー、チェ・ジェチョン教授、エキソ・スホが特別対談も進行、スホは「アーティスト勝つ前に一人として気候変化を肌で感じている。健康な地球が存在しなければ、Kポップも長く存在しながら多くの愛を受けないのではないかと思う。私はいつもファンの方々に良い影響力、ポジティブな影響力を差し上げようと努力していますが、私が地球の持続可能性について考えることをファンの方々も感じて、日常で小さなものを一つずつ実践しながら一緒に改善していけばよいようだ。特に木植え運動はやはり「Kポップ先駆者」イ・スマン先生らしいアイデアだと思う。私が生きながら聞いてみては、フェスティバルの中で最も特別で意味のあるフェスティバル、世界中でセンセーショナルなフェスティバルになりそうだ。このフェスティバルを皮切りに、ファンの方がもう少し地球に対して、地球の持続可能性について多くの関心と愛を持てることができることを願う」と話して注目を集めた。心を動かすのはKポップ、韓流のような文化だ。歌一曲を聞くと良い心、悲しい心も生じ、積極的に何かしようとする心もできる。 KポップとSMTOWN、EXOを愛するファンたちは歌を聞いて一心になって、歌の中にどんなメッセージがあるときのように参加して話したい。ネットワーキングが最も重要な時代であるだけに、ファンもファンダムという一つのコミュニティに属しており、同じ心を持っているという点で満足して楽しむ。私たちのコミュニティ、ファンが自発的に集まって嬉しい心で木を植えるならば、私たちの未来と次世代のための行動という自負心も持ちながら、自然にサステイナブルな地球に変わることができるので意味がないかと思う。今日、SMTOWN LIVE公演を通じて「The Cure」という曲を発表するが、木を植える私たちの心を表現した、地球のサステイナビリティのための初の歌だ。今年はSMTOWN所属アーティスト各チームごとにこのような曲を発表し、多くの方々がその曲を愛しながら木を植えるようにするだろう」とし「木植え」運動はもちろん、「The Cure」を皮切りに今後公開される予定のキャンペーンソングへの関心を呼びかけた。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!