“>

[スポーツソウル|チョン・ハウン記者]アイブ(IVE)がアメリカ音楽専門メディアビルボード(Billboard)とグラミー(GRAMMYS)でグローバルパワーを立証した。 )によると、アイブは昨年8月に発売した3番目のシングルタイトル曲「アフターライク(After LIKE)」で「ビルボードグローバル200チャート(Billboard Global 200 Chart/最高ランク20位)」で172位を占め、該当チャート再進入に成功した。このチャートで「アフターライク」は今回の再進入を通じて16週のランクインを記録した。この他にも「アフターライク」は「ビルボードグローバル(米国を除く)(Billboard Global Excl. U.S./最高ランク9位)」チャートで100位を記録し、20週連続チャートインに成功、先週に比べて56位上昇した順位の好声的でした。

アイブは「ヒット・オブ・ザ・ワールド(HITS OF THE WORLD)」の世界チャートでも着実に巡航中だ。 「ビルボードジャパンホット100(Billboard Japan Hot 100/最高ランク13位)」では、「アフターライク」が99位にチャート再進入に成功し、これで該当チャートに18週名を上げた(1月7日のチャート)。 「シンガポール・ソンズ(Singapore Songs/最高順位2位)」チャートにも22位で再進入に成功し、14週のランクインに成功した(1月14日のチャート)。

「ヒット・オブ・ザ・ワールド(HITS OF THE WORLD)」国内チャートでは依然として上位圏で大活躍中だ。 「アフターライク」は「韓国チャート(South Korea Songs/最高ランク1位)」で7位を記録し、20週連続チャートインに成功した。 「LOVE DIVE」も全州対比2階段上昇した9位を記録し、37週連続チャートに安着した。 「2023年注目すべき10代K-POPルーキーガールズグループ(10K-Pop Rookie Girl Groups To Watch In 2023)」リストに名前を上げた。

発表当時、グラミーはアイブについて「デビュー1周年をわずか5日控えたアイブは彼らのシングルタイトル曲「ラブダイブ」を通じて「MMA2022(メロンミュージックアワード)」で大賞を受賞する歴史を書いた。スターシップエンターテイメント出身のアイブは2022年最大のセンセーションの一つであり、翌年にもその成功を倍加させる準備が確実になっている」と絶賛した。両日間ソウルオリンピック公園オリンピックホールで開かれる最初のファンコンサート「ザ・プロムクイーンズ(The Prom Queens)」の2回目の公演全席完売を記録し、圧倒的な大勢のチケットパワーを見せた。国内はもちろん海外まで受付したアイブが2023年にはまたどのような多彩な姿で自分たちだけの歴史を書き下ろすか大衆の注目が集中している。

スターシップエンターテイメント

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!