w540″>/写真=カン・ミンソク記者 [email protected]ボーイグループVIXXのラビーが虚偽の脳転移診断を使った兵役免除不正に関与したことが知られている中、所属事務所グルブリン側が”綿密に関連内容について把握中”と明らかにした。

グルブリン側は12日「すばやく立場を申し上げるのが当然だが、関連内容が国防の義務に関連することなので、まず詳細内容を把握した上で詳細説明するのが道理のようで現在の詳細を把握中である」と公式の立場を伝えた。

またグルブリン側は「以後、本件に関連して要請があればいつでも誠実に調査に取り組む予定」と付け加えた。

前にラビは兵役免除の疑いで拘束されたブローカー一党を通じて兵役等級を調整されたという疑惑に巻き込まれた。ブローカー一党は検察調査で有名アイドル出身ラッパーが自身を通じて兵役を減免されたと実績を広報したことが知られ、該当ラッパーでラビが指摘され、波長が起きた。

ブローカー一党は指定病院で虚偽で脳前症診断を受けた後、これを根拠に兵役免除や兵役等級調整を受けるようにしたことが明らかになった。この過程でブローカー一党が依頼者などから1億ウォンを超える金額を取った情況も捉えられた。兵役減免を受けた依頼人の中には、有名人や法曹界の子ども、有名なアイドルラッパーも含まれているという。一方、ラビは昨年5月KBS 2TVバラエティ番組「1泊2日」で下車した後、その年10月訓練所に入所し、以後社会服務要員として軍代替服務を履行している。

次はグルブリン側が伝えた公式立場専門

こんにちは。
グルブリンです。

この日報道された内容について公式入場申し上げます。

最初に報道に触れた後、私たちは慎重に関連する内容を把握しています。

素早く入場を申し上げるのは当然ですが、関連内容が国防の義務に関連することなので、まず詳細を把握してから詳しく説明するのが道理のようで現在の詳細を把握中です。また、今後この件に関連して要請があれば、いつでも誠実に調査に取り組む予定です。

ユン・ソンヨル記者[email protected]

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!