“> KBS’ミュージックバンク’放送画面

ガールズグループハイキ(H1-KEY)がグローバルKポップファンの入徳を誘発した。

13日に放送されたKBS2「ミュージックバンク」で、最初のミニアルバム「Rose Blossom」のタイトル曲「建物の間に咲いたバラ」のステージを繰り広げた。 )が作詞、ホン・ジサンが作曲に参加した新曲「建物の間に咲いたバラ」で「ミュージックバンク」視聴者にヒーリングと慰めをプレゼントした。 「建物の間に咲いたバラ」は、冷たくて難しくしか感じられない世界の中で抱いている希望と夢をバラにたとえた曲であるだけに、ハイキは美しいながらも肯定的なメッセージを歌った。

パンクロックバンドを連想させるブルー、パープルチェックパターンの着場で限界のないコンセプト消火力を見せた。また、ハイキは出場したライブ実力で「第4世代代表実力派アイドル」で目印を撮り、世界中のファンから好評を博している。とブームバットを組み合わせたヒップホップベースのリズムの上にポップパンクのコードラインとアナログシンセが調和したトラックで決して折れたり枯れずに自分の夢と希望を美しく咲かせるというハイキの意志を込めた。

ハイキ初のミニアルバム「Rose Blossom」は発売直後、トルコとバーレーンのiTunesトップアルバムチャート1位をはじめ、7カ国のiTunesとアップルミュージックトップアルバム上位圏に登場した。タイトル曲「建物の間に咲いたバラ」も発売と同時にハンターチャートリアルタイムチャート5位とメロン最新チャート32位に上がった。タイトル曲はメロン基準日間ストリーミングも引き続き上昇傾向を記録し、リスナーたちの好評が続いている。と巡航中だ。中国の反応もイメージではない。リイナ直カムがウェイボ芸能失検に上がり、トレンド43位を記録して注目を集めた。 、MONSTA X(MONSTA X)、SF9、TO1、woo!ソン・ボンソク記者[email protected]ハイキー(ソイ、リイナ、フィサー、イエロー)が13日に放送されたKBS2「ミュージックバンク」で、最初のミニアルバム「Rose Blossom」のタイトル曲「建物の間に咲く」

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!