記事内容のまとめ

今日の新曲「バイブ」発売5年5ヶ月ぶり​​の新曲
ダブルブラックラベル移籍後初めて発売する歌
防弾少年団ジミンフィーチャリング…作曲・ミュージックビデオにも力ボテ

太陽。 2023.01.13. (写真=YouTubeのキャプチャ)[email protected] *再販とDB禁止「グループ「ビッグバン」メンバーの太陽(35・ドン・ヨンベ)は13日、自身のYouTubeチャンネルで行われた「バイブ(VIBE)」発売記念カムバックカウントダウンライブでプロデューサーテディ( TEDDYがグループ「防弾少年団」(BTS)メンバージミン(28、パク・ジミン)とコラボレーションを提案したことについて「衝撃でした。ところで太陽は過去にフィーチャリング提案を先にしてみたか、コラボレーションをしたことがなくて見慣れたと言った。しかし昨年から社席の食事席やイベントなどに招待されて防弾少年団のメンバーたちに会う機会ができ、ジミンとも自然に話を交わすことになった。太陽は「ジミンさんと音楽を作ればどうか話を交わし、スタジオで音楽を一緒に聞いて作って「バイブ」という曲が出るようになった」と説明した。

太陽とジミンのコラボレーションは、K-POP第2世代代表ボーイグループBIGBANGメンバーとK-POP第3世代代表ボーイグループ防弾少年団メンバーのコラボレーションとして大きな関心を集めている。

[ソウル=ニューシス]ジミン、太陽。 2023.01.09。 (写真=ダブルブラックラベル提供) [email protected]ある微妙な感情を機知ある歌詞で解き明かした曲だ。太陽が作詞・作曲に参加し、「ダブルブラックラベル」総括プロデューサーであるテディそしてクッシュ(KUSH)、「ヴィンス(Vince)」、24などのプロデューサーたちが力を加えた。ジミンはフィーチャリングだけでなく作曲に力を加えてミュージックビデオにも出演した。

太陽は「バイブがジミンさんと一緒に作業した曲だからもっと期待してくれるようだ」とし、「ジミンさんとミュージックビデオ撮影現場で呼吸を合わせながら、私たちが素敵に出てきそうだと期待しました。ところが期待できなかった、もっと素敵な姿が出てきてお互いに満足しました。

「バイブ」は、太陽が2006年にデビューした時から身を包んだYGエンターテイメントを離れ、テディが率いるダブルラックに最近巣を入れて初めて発表する新曲でもある。だが、YG関係会社でもあるダブルラックラベルとはすでに音楽作業を続けてきていた。太陽は「もう所属アーティストになったのに感慨が新しくなった。ソロアルバム作業は(2019年11月)全域以降じっくりやってきて、その結果物の一つが「バイブ」」と紹介した。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!