[ヘラルドPOP=キム・ジヘ記者]
/2023/01/13/202301131930240676793_20230113193821_01_20230113195501345.jpg?type=w540″>
今月の少女出身中の他のメンバーたち。ただ、一部のメンバーだけが勝訴し、一部のメンバーは敗訴し、チーム活動の危機が避けられないとみられる。

仮処分申請を提起し、この日、4人は勝訴、5人は敗訴判決を受けたと報道した。一方、ハッスル、ヨジン、イブ、オリビアヘ、高原は所属事務所と契約をそのまま維持することが分かった。敗訴した5人は1~2年前に契約条項を一部変更したことが作用したと伝えられた。ただ、これはメンバーチュが今月の少女を退出させた直後、昨年11月にブロックベリーが明らかにした立場と相反した内容だ。当時今月の少女メンバー9人もチュに続き、所属事務所を相手に専属契約の効力を停止してほしいという仮処分申請を受けたという報道が出ると、ブロックベリーは「事実無根」と一蹴したことがある。

ブロックベリーは昨年、チュガスタッフに急いだとし、チュを今月の少女から退出、除名させた。チューとブロックベリーは収益配分を置いて葛藤を経験している状況だった。チュ側は収益は3対7に分けるが、コストは5対5で精算する契約であり、最終決済はマイナスとなる仕組みだとし、費用処理の不当さを主張し、その後裁判所は契約関連訴訟でチューの手を挙げた。

このような状況の中で、ブロックベリーは今月の少女1月のカムバックを強行する。この日残りのメンバーの一部は勝訴、一部は敗訴し、異なる結果を受けた中で以後、事件の向き方に帰宅が注目されている。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!