BLACKPINK/写真提供=YGエンターテインメント/写真=キム・チャンヒョン記者chmt @もうグループ名が成績表だ。

ブラックピンク(ジェニー、指数、ロゼ、リサ)がもう一度やった。毎瞬間記録を更新する彼らが今回も「最初」を名前の前に付けた。

米国カリフォルニア州コロラド砂漠で行われる音楽フェスティバル「コッチェラバレーミュージック&アーツフェスティバル」(Coachella Valley Music and Arts Festival、以下コチェラ)側は11日(現地時刻)2023年ラインナップを発表「ブラックピンクが4月15日と22日、本フェスティバルのヘッドライナーで公演に出演する」と明らかにした。

コッチェラは北米で開催される音楽フェスティバルの中で順位を争うほど規模がすごい。都心から離れて進むだけに、夜明けまで公演して熱い熱気をゆったりと楽しめる。韓国ミュージシャンのコッチェラ入城は2016年から始まった。エピックハイ(2016年・2021年)、ブラックピンク(2019年)、ヒョクオ(2019年)、ユン・ミレとビビ(2021年)、エスパ(2021年)などがある。このため大韓民国でもかなり認知度のあるフェスティバルとなった。特に去る2022年にはトゥアニワン(2NE1)がびっくり再結合舞台を広げて注目を集めた。当時、シエルはアジアミュージックメディアカンパニー88ライジングが「コッチェラフェスティバル」とコラボレーションした「ヘッド・イン・ザ・クラウズ・フォーエバー」最後の舞台を飾った。この時タイトル曲「私が一番上手に行く」と一緒にトゥアニワンメンバーたちが登場してグローバルファンの驚きをかもし出した。

昨年、トゥアニワンがコッチェラで大きな漢方を放ったなら、今年はブラックピンクになりそうだ。歴代のコッチェラヘッドライナーを見てみると、ビスティ・ボーイズ(Beastie Boys)、コールドプレイ(Coldplay)、ジャック・ジョンソン(Jack Johnson)、ラジオヘッド(Radiohead)、ジェイジー(Jay-Z)からケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)、ザ・ウィケンThe Weeknd)、ビヨンセ(Beyonce)、エミネム(Eminem)、ハリー・スタイルズ(Harry Styles)などがある。世界的なスターの中でブラックピンクが今年一桁を占めるようになったこと。彼らはBad BunnyとFrank Oceanと一緒にヘッドライナーを飾ります。 2023/01/15/0003121436_002_20230115063101299.jpg?type=w540″>/写真提供=YGエンターテイメント事実 4年ぶりに再訪問するだけでなく、ヘッドライナーで名前を上げたことも容易ではない。これはブラックピンクがこれまでどれだけ成長したのかを知らせる主題でもある。 BLACKPINKは2019年のタイトル曲「Kill​​ This Love」(Kill This Love)、2020年「ハウ・ユ・ライク・コット」(How You Like That)、「ラブシック・ガール」(Lovesick Girls)、2022年「ピンク・ベノム」(ピンク・ベノム、「シャットダウン」などをヒット曲として誕生させた。また個人ソロ曲を発売し、自分の力量を誇った。ビルボードチャート内では毎回上位を占め、YouTubeのミュージックビデオの視聴回数も1億ビューをじっくり渡した。 K-POPガールズグループで始まったBLACKPINKがこれほど成長したのは、韓国の大衆音楽市場にも良い先例となる。以下より、ブラックピンクがKポップ人気の先鋒状だと評価するのが正確に見える。また、ブラックピンクは2019年コッチェラにサブヘッドライナーとして招待され、グローバル音楽市場で立地を固めた。それから4年ぶりにヘッドライナーとして舞台に上がるというのはこれまでブラックピンク、防弾少年団を筆頭にKポップの影響力が爆発的に成長を語る」と評した。ライナー選定は韓国ガールズグループ初ではなく「Kポップ歌手」初という点でもっと意味が大きい。この単に海外のKポップファンの間での消費ではなく、主流音楽市場の中心として位置づけられたと評価できると思う」と話した。続いて「防弾少年団というグローバルなボーイズグループの登場以後、BLACKPINKがガールズグループとしてグローバルな人気を謳歌しているということもKポップがより多様な層位で消費されていることを証明するものだと見る。これからKポップ市場が世界的にさらに伸びていける足場を設けた点でブラックピンクの活躍がさらに期待されるしかない」と肯定的に眺めた。 、ニュージンス、ルセラフィムなど4世代ガールズグループに染まっている。歌謡フェスティバル主催側の関係者はこのような点を挙げて「毎年30万人が集結する大規模公演でブラックピンクがメイン出演者として生きるというのは、彼らのファンダム集結力がボーイズグループ劣らず大きいということを妨げると見ることができる。Kポップガールグループにはガラス天井のようであった英米圏に亀裂を出したということ自体だけで意味があるが、アイブ、ニュージンスなどグローバル活動を控えた後輩ガールズグループに新しい活路を模索してくれたとも見られる」と絶賛した。コッチェラのヘッドライナーに続き、英国最高権威の大衆音楽授賞式であるブリット・アワード(BRIT Awards)候補に上がったブラックピンクの前日がさらに期待される。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!