歌手チェ・イェナ(YENA)が16日午後、ソウル龍山区ブルースクエアで行われた最初のシングルアルバム「ラブウォー」(Love War)発売記念ショーケースでポーズをとっている。今回のアルバムにはタイトル曲「ラブウォー」をはじめ、イントロ曲「ラブイズオーバー」(Love is over)、「ウォッシュアウェイ」(Wash Away)などが収録された。 2023/0116既存のイメージから抜け出したチェ・イェナはカリスマ的な目つきを装着した。新しい魅力を放つ歌手チェ・イェナの変身は無罪だ。 16日、チェ・イェナはソウル龍山区ブルースクエアマスターカードホールで初のシングルアルバム「ラブウォー」(Love War)発売記念カムバックショーケースを行った。

チェ・イェナは昨年8月にリリースされた2番目のミニアルバム「スマートフォン」(SMARTPHONE)以来、5ヶ月ぶり​​にファンのそばに戻ってきた。これまで可愛くても可愛らしい姿は果敢に脱いだ。成熟して強烈なコンセプトでカムバックしたチェ・イェナだ。

彼は「既存と違う新しい姿をお見せするために一生懸命準備しただけに多くの方々が好きでくれてきれいにしていただきたい」とアルバム発売を控えた感想を伝えた。

180度変わった姿も予告した。彼は「音楽的な部分に集中した。新しい姿をお見せするという気持ちで参加した。音楽をよく聴いていただきたい」と話した。

歌手チェ日午後、ソウル龍山区ブルースクエアで行われた最初のシングルアルバム「ラブウォー」(Love War)発売記念ショーケースで新曲を披露している。今回のアルバムにはタイトル曲「ラブウォー」をはじめ、イントロ曲「ラブイズオーバー」(Love is over)、「ウォッシュアウェイ」(Wash Away)などが収録された。/2023.0116/写真=イ・ドンフン記者[email protected]’Love War’はチェ・イェナの視線から見た’愛’の過程を込めた。整えられていない内面の感情と話を時々直説的に、時には優しくチェ・イェナだけのカラーで表現した。同名のタイトル曲「ラブウォー」(Feat.Bio)をはじめ、「ラブイズオーバー」(Love is over)、「ウォッシュアウェイ」(Wash Away)が収録されている。 「ウォー」は、愛が進行される過程の中で最も危ないで倦怠した時期を表現した曲で、直説的な歌詞とグルービーなメロディーラインが特徴だ。特にチェ・イェナとビオが別れ直前の恋人として分解互いの立場を歌う。と強烈で、スムーズに表現しようとした」と説明した。タイトル曲については「既存に私がお見せした曲と全く違う感じの曲だ。愛して争う時期があるがそれを直説的に表現したグルービーな曲だ」とした。

‘の歌詞がティービング恋愛リアリティプロフラム’乗り継ぎ恋愛2’に出演したカップルと似ていると伝えた。彼は「『乗り継ぎ恋愛2』のイ・ナヨン、ナム・ヒドゥの姿と似ていた。とても愛してるから争いだ。そんな姿を込めて見た」と話した。

続いて「事実「乗り継ぎ恋愛2」を見たことがないが、チャルをあまりにも見てカップルの叙事詩をよく知っている。言った。

歌手チェ・イェナ(YENA)ソウル龍山区ブルースクエアで行われた最初のシングルアルバム「ラブウォー」(Love War)発売記念ショーケースで新曲を披露している。今回のアルバムにはタイトル曲「ラブウォー」をはじめ、イントロ曲「ラブイズオーバー」(Love is over)、「ウォッシュアウェイ」(Wash Away)などが収録された。/2023.0116/写真=イ・ドンフン記者 [email protected]’Love War’にはラッパー・ビオがフィーチャーリングに参加して支援射撃に出た。チェ・イェナはビオとの作業過程を明らかにした。彼は「歌を聞き続けるのに、この曲のフィーチャリングで卑怯な人がいないと思った」とし「ビオに連絡を差し上げて一緒にしたいとアピールしたが、歌がとても良いと快く許してくれた。この場を借りて感謝したい」また、チェ・イェナは「私の歌なのにとても好きで毎日聞いている。にいた人々と一緒に作業した曲なので、そういうことだ。 歌手チェ・イェナブルースクエアで行われた最初のシングルアルバム「ラブウォー」(Love War)発売記念ショーケースで新曲を披露している。今回のアルバムにはタイトル曲「ラブウォー」をはじめ、イントロ曲「ラブイズオーバー」(Love is over)、「ウォッシュアウェイ」(Wash Away)などが収録された。/2023.0116/写真=イ・ドンフン記者 [email protected]チェ・イェナは引き続き今回のアルバムの「新しさ」を強調した。彼は「既存と他の新しい姿をお見せするために一生懸命準備した」と話した。続いて「新しい心構え、新しいコンセプトで準備をして緊張がたくさんなる」ともした。

もう可愛い魅力のほかに、もう一つの強みをアピールしたいチェ・イェナだ。彼は「今回のアルバムは私の新たな挑戦であり出発だと思う。’チェ・イェナにもこんな面があるな’、’こんな面も良くてカッコイイ’、’チェイェナを探すことになる’などの反応で見ていただきたい」と伝えた。 >

歌手チェ・イェナ(YENA)スクエアで行われた最初のシングルアルバム「ラブウォー」(Love War)発売記念ショーケースで新曲を披露している。今回のアルバムにはタイトル曲「ラブウォー」をはじめ、イントロ曲「ラブイズオーバー」(Love is over)、「ウォッシュアウェイ」(Wash Away)などが収録された。/2023.0116/写真=イ・ドンフン記者[email protected]昨年1月にソロ活動を始めたチェ・イェナは今年のソロデビュー1年目になった。チェ・イェナは「1年の間に多くのことがあった。ドラマのような人生を送ったと思われた。これが近づいてきた。まだ不思議で、私の人生がドラマのようだと思う」という所感を明らかにした。彼は「ソロでデビューしたこと自体が私の大きな変化であり成長だと思う。より多くの変化と新しい挑戦を恐れずに素敵に見せてあげる。

一方「ラブウォー」はこの日午後6時、各種音源サイトを通じて公開される。

チェ・ヘジン記者 [email protected]

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!