歌手ハイ量が独歩的な感性を集約した新報に戻ってくる。今回のアルバムは去る8月に発売した初のシングル「オフ」以後4ヶ月ぶりに発表するアルバムで、ハイ量の爆発的な感情線とシリように悲しい感性をはっきり感じることができるトロットジャンルのアルバムだ。/p>

今回のアルバムには「愛の品」をはじめ、「蝶」、「実の歌」まで計3曲が収録、3曲すべてタイトル曲の心で披露されることになった。

‘愛懐」は難しい現実の中でも変わらない心を守るという恋人の愛物語を込めた曲で、死ぬ日まであなただけのために生きるという切実な心を描いたゆっくりとしたテンポの曲だ。

愛する人との縁を花と蝶で例えて去っていくその愛を逃すことができず残念な気持ちを表現した曲で、Introに自由なテンポという意味のルバト(Rubato)を使って雰囲気を一層引き上げた。 「シルタレ」は国楽風のワルツ曲で、口音と代金がこの曲の苦しみを加える。子どもに通うことができず、一世の中に生きるだけで、病気の両親を切なくして孝道を尽くすまで、長い間買ってくれと喧嘩するような悲しい心を込めた。パフォーマンス力を垣間見ることができたならば、今回のアルバムはハイ量の独歩的なハスキーボイスと深い感性、繊細な表現力がリスナーたちの濃い共感を刺激するものと期待される。

番組TV朝鮮「ミストロ2」に出演して目印を撮り、同年EPアルバム「My Destiny」で歌謡界正式デビューした。以後’申請曲’,’オフ’など多彩な魅力が埋まっているトロット曲で多くの愛を受けた。サイトを通じて発売される予定だ。ハイ量は今日(16日)正午各種音源サイトを通じて2番目のシングル「愛品」を発売する。今回のアルバムは去る8月発売した初のシングル「オフ」以後4ヶ月ぶりに発表

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!